気刊くろみつタイムス

主にゲームプレイ日記。過去記事一気読みは「目次」からどうぞ! ※他ブログからのインポート引っ越し時に改行崩れ&画像消滅が発生しています。

#Kenshi 動画のコメ返し(66~70話)

いいね、広告、コメント等、ありがとうございました!

 

5話一区切りのコメント返し、66~70話編です。

最後の決戦に向けた下準備パートで、この辺りはちょっと地味かも?

 

 

それでは、恒例の「コメント返しの名を借りた、どういう事考えて作ってたか」コーナー!

 

※今後の展開のネタバレヒント等も含みますので、見たくない人は飛ばしてください※

 


66話

 

「いつものBGMながら、クリスマスを通り越してお正月感」
 >テン…… テケテン……♪
投稿日はクリスマス前(12/22)でした。
もう三ヶ月経ってしまったのかぁ……ガクガクブルブル

 

「HNは任せろー 」
 >バリバリ戦っている都市連合とHN
そう言えば、「援護は任せろーうおーバリバリ」の元ネタ知らないな……
と思って調べてみたら、機関銃を撃つAAが財布バリバリの派生だった事を初めて知った……
というか自分の知ってる方が出てこない。ガンオンスレのオリジナルだったのかもしれない。

 

「シェクらしい感想」
 >不老不死=永遠に戦える肉体
ガイラがアクタと組んでいたのはタックス=キャットの存在が大きい。
宴会作戦以後、キャットの助けを得たザンは、中和剤スープによってガイラの症状悪化を食い止める事が出来ていた。
そして、ハシシの完成以降は、カニバル化の途上にある者まで完治可能な中和剤の研究をしようとしていたが、アクタがハシシの元締めになろうとしてキャットを監禁。研究台を破壊…… と言う流れ。

 

「「足を戻してあげる」とは・・・」
 >バニラではあり得ない提案
ルディンの腕が生えてきたように、ブラッドラムはバニラではあり得ない再生を可能に……
と言う事で、「義足で角無しだから未来のディマクじゃないよな」というミスリード狙い要素でした。

 

「???「頭をぶち抜くのさ」」
 >自身の肉体の力で戦う事こそシェク本懐と語るガイラ
「そうじゃないのもいる」と返すヤヨイ。
ヘッドショットや、本作内のシンクライドがそのパターンですね。
そして、鍛錬をやめ為政者になったガイラの姉、サンダの事でもあります。

 

「お野菜大好きガイラ」
「予想できてたけどやっぱブラックドラゴンニンジャの前身か…」
「馬鹿ップル化する気だ!」
 >新たな通り名を考える流れで、ようやく伏線回収
死亡扱い = Dマーク = ディマク
という、初登場時から予定していた、「実はディマクとブザンでした」設定も、ようやく出せました。
流石にこれだけ引っ張るとバレバレでしたかねぇー
エンドイン時代のラー達がフラフラガーで食事してる所のイラストの背景にいるザンの髪色を修正したのも、この件が絡んでいたというワケでした。

 

「よし、未所属、やっちまえ」
 >食料泥棒の片鱗を見せ始めるガイラ達
あれ本当に鬱陶しいんだよなぁ……
自分も初プレイの時にどれだけやられた事やら……

 

「肝心の革シャツがないのか」
 >重ね着してない忍者達
調べてみると、シャツ系装備してる忍者はクラウド忍者と、砂・シノビの上忍や幹部達のみ。
制服化しているのはクラウド忍者だけかぁ……
やっぱ作るのが手間な分、高くて数を揃えられないんだろうなぁ

 

「土鳩の声って、ゲーム内にあったっけ?」
 >BGMに混ざるポーポーという音
サントラの「Yearn_For_Night」ですね。
ゲーム内にもポーポーがあるのかどうか、意識した事ないなぁ……
もしかすると、ゲーム内とサントラとで違う可能性も?

 

「いや、それはソルジャーハイブ」
 >ハイブは頭が頑丈と言うエスフェル
ワーカーも頭部耐久が125あるので、人間よりは頑丈です。
ただ、プリンスは80なので「ハイブの頭は頑丈」と言うのもちょっと違ったかも。

 

「これだから引きこもりのスケルトンは・・・」
「腹で笑ってるだろう、お前ら」
 >レッドの出現に興奮するスケルトン達
実物を見た事がないので、もっと可憐なイメージを持っていた、みたいな。
キャー恐い!のスケルトンは、確かにからかってるだけかもw

 

「マグナムボトルで一杯」
 >一杯と言いつつ、巨大なグロッグの容器
一本奢る、だと語呂が悪いし、やっぱ一杯と書きたい所!

 

「おーい、磯野!斬り合いしようぜ」
 >またも強引に連れ出されるサッドニール
デッドランドの決戦でパトロンの暴走に愛想を尽かし、忍者仕事をやめたサッド。
ウィスラーまで出てきたのを見て、流石に事態が大きくなりすぎていると感じ、関わり合いになるのをやめました。
(彼もクモの正体に気付いていなかったというのは、ちょっと設定ミス気味かも?)

 

「ちょっと気に入ってるな? それ」
 >孤独という停滞した静かな時を……
カッコイイ言い回しを最後まで聞いてもらえないのでゴリ押してるサッド氏……というイメージで!

 

「欲しい情報をペラペラ喋るじゃん」
 >ブラデザシティの動向を語るサッドニール
本シリーズの世界観の中でも割と重要な事をサラッと話しているサッド。
喜び勇んで暗躍するグループと、町で静かに停滞していたいグループがいる、という形です。

 

「パパは上矢印」
 >夫婦役を演じるジュエルとタックス
上矢印って何かと思ったら、カニメットですねw

 

「モングレルか! 奴は金がかかるぞ」
 >味方にできるなら利は大きい、その相手とは……
値切らずウィンワンに10万ポンと手渡した時の反応好き!

 

 

 


67話

 

「戦闘の必要あるから」
「いずれ、「裸のアイツ」と呼ばれる未所属剣士が現れる・・・」
 >人間も衣服なんて面倒な習慣捨てればいいのにと言うサッド
危険や戦闘から長く離れすぎて感覚が狂っている、という所です。
戦闘ダメージを喜んでいるようなシーンも、新鮮な経験故、というコトで。

 

「素直か」
 >スキマーが出るよ
鎧着ないと危ないよと言われ、すかさず応じるサッド君。
きっと、忍者として引っ張り出されている間、スキマー相手に恐いメに遭ったのでしょう……

 

「ポポポんこツツツ」
「オチャメ!」
 >忍者ごっこに夢中になるLマイアとBカム
パトロン」派として人類の滅びを加速させるべく暗躍する彼らも、感覚としては遊んでるだけ、みたいな。
個人的には、真面目なロボットとして生き続けるには長い時間が経ちすぎているだろう、という目でスケルトンを見ています。

 

「命が下れば」
 >命令がなければ逮捕はしないというヴァルテナ
ちょっと選択肢を間違えると豹変するホリネ相手では、やはり安心できない……

 

「果たして今その様な議論をするような時間があるのかね…」
 >人類を救うため、ホリネと手を組めと言うヴァルテナ
ヴァルテナはかなり深い所まで事情を知っているため、人類共通の敵であるロンゲンを倒すため手を組むべきと考えている。
当然、手を借りれば戦後に都市連合という国事態がホーリーネーションに飲み込まれて行く事になり兼ねないので、タックス側はそうもいかないという形。

 

「冒涜とか口にする子じゃない・・・タックスの仕込みだな」
 >現状のオクラン教に対して怒るラー
タックスに「煽れ」と指示はされているものの、この怒りはラー自身のもので……
デッドランドで戦った忍者達の悲劇も、司祭の腐敗に原因があると知っているから。

 

パラディンの本領は問答無用。舌戦に応じてしまっては・・・」
 >そろそろ本題に入ろうと言うヴァルテナ
ここは、本当にそれを演出しようとしていたシーンでした。
行方不明のタックスが接触を図って来た事に対する興味と、本国上層部への不信感から会見に応じたため、会った時点で言いくるめられるのは既定路線に。
忍び込んでヒソヒソ会話するパターンも考えましたが、似たような場面が他にあるため、今回は堂々の会談に。

 

「でしょうねえ」
 >タックスの挑発に「怒らせたいのか?」と問うヴァルテナ
以下、レッドからクズと断じられるタックスの本領発揮。


「知らない固有名詞を出して混乱させます。また、知らないことを相手の責として咎めます」
「「彼は知っている」「みんなやっている」 バンドワゴン効果を得る典型的な論調です」
「義手という目立つ要素をクリアしてみせ、「過去に敵対した」「受け入れがたい不審者」といった要素を隠します」
「乏した後で持ち上げ、自尊心をくすぐります」
「非を認め、自分を落として見せることでバランスを取ります」
「さも重要な情報を得たかのようにふるまい、一方的に操られていない、対等な関係であることを強調します」
 >武力を振るわれれば一発アウトの状況を、舌先三寸で切り抜けるタックス
細かな所はともかく、概ねそのつもりで喋らせていたので、嬉しい反応でしたw
ただ、エンドインを売った裏切り者の件は、タックス個人にとっては「分かっていたけど裏が取れた大事な話」ですね。
ホリネ系のフレーバーテキストから、人間と見分けがつかないスケルトンがかつては存在したのではないか、という推測が立てられるウィスラー。
ホリネも本来はその脅威を知っていたが、教義の変質によってその知識が歪められたのではないか……という観点で、タックスが揺さぶりを掛けています。

 

「ここ明らかに自分に言い聞かせてるな」
 >私の忠誠は揺るがんぞと言うヴァルテナ
信仰心と聖王への忠誠はあるが、オクラン教を歪める司祭達には日頃から鬱憤を募らせていたヴァルテナ。
揺らいではいるものの、あくまで自分はホーリーネーションの将軍だそ、と言って聞かせている感じです。

 

「ヘッショさんと・・・オロンかな?」
「ヘッショとオロンは見た目の特徴分かり易くて助かる。カンはよくよく見るとすげーイケメンなのと服装以外でその辺の百人衆と区別付かん」
 >スクインの酒場にいる、シンクライドの幼馴染
シェク個人の容姿の見分け難しいですよね……
オロンは温和な顔立ちに見えるので、のんびりした性格にしてみました。
現在カンはマウンテン役を演じるレギュラーキャラになっているため、以前演じていたブラッドレイダーやアネイスの部下として出番を作るのが馬頭かしくなってしまいましたねぇ……
その他大勢のシェク男性の中で腕組みしてるのは大体彼です。

 

「シェクの角って骨なのに神経通ってないんかいな。痛そう。」
イカれた仲間を紹介するぜ!」「俺! 以上だ」
 >自ら角を切った者たち
確かに気になる! 痛みがあった方が、より「らしい」かも。
角に感覚器官としての役割があるのだとしたら、切って中がむき出しになる事でより感覚が鋭敏になるかも……?

 

「いつも無所属の餌にされる可哀そうなトラちゃん」
「だってあらゆる意味でモブと区別付かんから気付けばその辺に転がってるし…」
 >勧誘対象、バンボンズのトラ
シンクライドの言っていた、「2~3人仲間にできそう」の3人目が、彼女でした、と。
子供の頃の仲良しグループ、という設定です。

 

「ちなみにトラちゃんFCSで見たらTypeのShavedがTrueになってるので角は生えないと思うぞ」
 >いいねコメントへの反応
いいもコメントには、「wikiのスクショのトラは角が生えているが、そういうパターンもあるのだろうか?」と書いていました。
やはり角無し確定でいいようですね。ありがとうございます。
キャラメイクを挟むと勝手に生えてくるパターンもあるので、wikiの写真はそれ関係かな??

 

 


68話

 

「あのレアキャラがこぞって!?」
 >空手の達人どもが、こぞって南東に!
スプリング周辺を徘徊する賞金稼ぎと空手使いは、ティンフィストに挑むために遠征してるんかなーという印象が。
この後、動画の撮影中に「空手放浪者は反奴隷本部にのんびり滞在する事がある」と気付き、空手マンに関しては入門希望者という印象に変わってしまいました。

 

「あなた疲れているのよ、モルダー」
スカリーと言えば、それよねw

 

「無かったことにしよう」
 >スカリーに会ったのに気付けなかったラー
「精神的重荷となる記憶から壊れていく」という、当動画&プレイ日記シリーズの設定から、ラーの異常が発生。

 


「忠臣ではない、か」
 >ロンゲンにも黙って暗躍するヤムドゥ
なにせ彼はプレイアブルキャラクター。
ロンゲンよりは多くの自由意思を持っているのでは……

 

「観光客」
 >砂ニンタワーをエンジョイするレイザーとサッド
困惑している忍者の方は、無断侵入に対するNPCの反応を意識してますw

 

「ノーフェイス…  いや、ホッブスか」
 >皇位継承争いから逃れた生存者と言えば……
多分、改めて明言する機会も無さそうだし、ここで言ってしまうと……
「OP1」に出てくる、貴族服で顔を隠したスコーチ男性は、彼です。

 

「忍びという字は、刃の下に心を置く。つまり、心はこの靴の底に…」
 >MOD産、獣爪ブーツ登場
      刃
装備的には 刃 って字になりそうw
いや、両足なら 刕 も……


「風魔手裏剣?」
 >MOD武器を装備している砂忍者
「十字苦無手裏剣」かな?
「Fox's Weapons Mod Set」導入時、スナニンの一部が装備状態で生成されます。

 

「トラというか猛虎」
「ウチが難波のド根性、「怖れ知らずのトラさん」やがな」
33-4
 >なんでや! 阪神関係あるやろ!
……と言うワケで、一人称ワイのトラの登場ですw
当方関西人ではあるものの、猛虎弁に堪能なワケでもないので、エミュレーション強度は不足しているかも。


「中身空っぽの塔」
 >シェク王国西部に存在する倒れた塔
一応ドアは開けられるし、中身も確認出来るんですよねー
唯一無二の倒れた塔だし、何か秘密があったら面白いのに!
みたいな発想でした。

 

「駆り立てるのは野心と欲望」
 >シンクライドの野望
独特な立ち位置だったシンクライドの本性、的な場面。
典型的なシェク戦士ではないにしても、やはり力に貪欲。

 

「居たぞー」
「おやおやこんな所で」
 >酒場の背景にいたレッド達
次回、決闘! 的な引き。
「喧嘩なら外でやってくれ」を言わせたくて作ったシーンでしたw

 

 

 


69話

 

「うん?」
 >ヤヨイがモングレルで人助けをした話
匂わせの続くモングレルのエピソード。
外伝、いつか作りたいなぁ……

 

「だが、奴らが塔から出て南下してきたら…」
 >シミオン砦への道中にもう危険はないというタックス
しかし、奴らの封印が解かれるのは未来の事……
今はまだ語るべき時ではうんぬんかんぬん

 

「トゥルブレ!」
「いや、猫のほうか」
 >久々登場、ネコアツメ隊長
宣言通り、ミラージュ&イナバのコネを使って外交官(調停者)に出世。
シーズン3世界と同じ場所に落ち着きました。
このウェイステーションならブラックデザートを抜けて来るグレイフレーヤーとも接触しやすいよね、と。

 

「そう。退き撃ちの極意は紙一重の間合い。諦めて切り合うと見せての高速装填」
 >退き撃ちを失敗するトリスケ
あ、よく考えたらボーの時はちゃんと退き撃ちしてたよなぁ、とか後から思ったり。
ボー相手の時より強者の圧が激しく、気圧されたのかも……

 

「ビー… シェクに限るのならね」
「ムカイ本人なのであればエサタと遜色無い化物だからそりゃ強いわな」
 >シェク最強を自称するマウンテン
設定に反し、中の人(カン)のステータスは60台。
見る人が見ればそんなに強くは見えないかも……

 

「チンピラ参上」
「モムソーはぱっと見ですぐ分かるから助かる」
 >傭兵参戦
ホリネ領でよく見る「人間の傭兵」か?と思わせてからの、スワンパー参戦。
ドリン編ではシソー役を演じていたモムソー、久々の登板。


「モムソーにしか見えんかったがまさかのビッグ・ハッシュか」
「グレイの方はもしかしてグレイフレーヤーのボスか」
 >落ち延びているハッシュとビッグ・グレイ
正史比よりハシシの流通が加速した事により、グリムの反逆がシーズン3設定より前倒しで発生。
ハッシュは死んだ事になり、モムソーの容姿に整形し、グレイフレイヤーの密売ルートを使って砂漠に逃げてきた……と。

 

「噛み棒で大勢を養おうとすると限界にぶち当たるからねえ」
 >反乱農民の開墾
そこを量でカバーするのが、なんかクセになってしまった当方の拠点事情。
本プレイでは噛み棒と野菜料理の大量生産に。
少ない素材種別で済ませられるのが利点っちゃー利点かな?

 

「重装(ハートプロテクター)」
 >反乱農民の重装
喋ってるのは剣士タイプですが、ちゃんと傭兵鎧タイプもいますよー

 

「善意の侍」
 >護衛はいらないかと話しかけて来る侍
完全な善意でもなく、怪しい旅人を監視する意味もあったりして…… というシーン。

 

 


 

 

 

70話

「つまり、彼らはちょっと凝った噛ませなのか」
 >4倍の傭兵に囲まれては勝てないと言うリオン
16人程度の傭兵なら蹴散らせそうですが、リオンは弱気な発言。
設定的にはステータス70台を想定してます。
今のところは予想外の事態続きで実力をちゃんと発揮出来てない感じですね。

 

「そして愛想が足りぬと言われれば気さくな挨拶をする」
 >アイゴアが殺す
ゲーム内の「赤ん坊を食った」という噂話も織り込んでみました。

 

「ああ、君か。もっと変なやつが来たかと・・・」
 >バース再登場
どこで出すか悩んでいるうちに機会を逸した感じで、割とあっさり目なバース再登場でした。
YouTube版ではバースとアネイスを引き合わせる会話が存在なしいので、2周目版ならではの展開という事になります。

 

「あー…うん。ドンマイ!」
 >マーモットに噛まれたボー
いつかどこかで使いたかったバニラ会話ネタ……

レッドが助けに入る戦闘シーンを用意するにして、どうピンチを演出したものか、と悩んだ挙げ句がコレという。
「走って逃げればいいじゃん」にならないよう、足を痛めてもらいました。

 

「ヒョコヒョコ」
「タフだねぇ」
 >なんとか勝利するエリス達
録画ボタン押し忘れの1回目はグレイがもげてしまってましたが、2度目の撮影では誰ももげず、一発で収録に成功。
戦闘シーンはほぼプレイ時のそのまま。 かなり運が良かったかも?

 

「ワールドエンドよりたかーい!」
 >はしゃぐエスフェル
トラウマゲーはやめろぉ!! 
……とか言いつつ、元ネタプレイした事なかったりして。

 

「・・・それが、最後に見た彼女の姿となった」
 >一人で大丈夫と言って廃墟に向かうレッド
実際、出かけてすぐ黒ゴリロに襲われて、戦闘シーンも撮影してたりして。
圧勝したので、「準備運動」として脚本に組み込む事も考えましたが、前フリ無しにいきなり決闘を申し込むインパクトを優先しました。

 

「ブ、ブロッケンJr」
 >ヴェインの赤い雨
そう聞こえるように、「ブエインの」と入力した覚えがありますw


「横たわるのは犬と豚」「食べられちゃう」
「ビークシングは赤蜘蛛に強い」「上手い」
「相手がビークシングで良かったねえ」
 >ヴェイン図書館の死闘
シンクライドチーム、実プレイの録画ほぼそのままの戦闘シーン。
同行したバンボンズの三名は……
爺さんがジャファル。
一人称「ワテ」で威勢のいいのがイヌ。
一人称「私」で地味なのがミートヘッドです。(あ、豚って、ミートの事かな?)
ビークシングは遺跡の中までは入って来ないようなので、落ち着いて回復出来ました。

 

「そうか、あの塔のヤギたちは証拠隠滅のために・・・」
いやしかし、研究員まで食われた説も捨てがたい!

 

「人型に見えた」
 >外に放置された大型バックパック
戦闘時に投げ出したバックパック、回収忘れがち……

 

「焼けた肌に塩水ってのも中々だと思うが、この世界では海水も真水なのだろうか」
 >島に向かう遠泳シーン
本作のサッドニールはサビを心配していましたが、旅するスケルトン達も平気で水没してますし、塩分無いのかもしれませんね。
あるいは、錆びる素材では無いのかもしれませんが。

 

「いやーレッドさんソレは流石に無理では…」
 >ティンフィストに決闘を挑むレッド
決意のレッド。
果たして彼女に勝機はあるのか……?! 次回に続く!

 

 


と言った所で、今回はここまで!

 


 

ニコニコの動画投稿数の上限が、いよいよ迫っています。

あと10話以内には完結できそうだけど、残り4本では、ちょっと無理かも……

やっぱり、初期のダイチャレ動画は消す事になるかもしれません。

 

最近はブルースクリーンでのクラッシュもなく、PCの調子は概ね良好。

インフルの後遺症も無く、肘の調子も悪くない。

シリーズ完走目指して…… 今後ともヨロシク!

 

#Kenshi s5_109「相応しくなるために」

前回は、特訓相手を確保すべく南東に赴き、皮剥さんを招聘。
メキメキと演者達のスキルを伸ばしてくれた。

今回も、引き続き終盤展開のため、撮影の傍ら各員の修行を進めていく。

 

 

 


s5_109「相応しくなるために」 


 

 

 

 

 

さて、今回は完成した動画、第70話の紹介から。

www.nicovideo.jp今回は、
特にプレイの上でのステータスはまだ大した事がないなと思い知らされた回になった印象。

 

 

まずは負け続きのリオン隊パートから。

彼らは逆に、物語上勝てないけど着実に強くなってるタイプ。


南東エリアに行く際によく立ち寄っているせいか、ここもとうとう……

 

長期プレイの弊害か。
奴隷商人が消えてしまった。


おそらく以前ノーブルハンターの奴隷に手を出した時に街の外に出ていたから、あの後何かあって消えてしまったんだろうなぁ……

 

 

会話シーンだけなので、早々に撮影を終え、修行小屋へ。

うーん、皮剥ぎさんはいい修行相手だなぁ……
装備を調整して攻撃補正を消せば、もっと効率上がるかな?

 

ステータスは70台に突入。

レッドにも追い付いて来たので、今後は互角の戦いを演出しやすくなるだろう。

 

現在、レッドはこんな感じ。

 

うーん、しかし……

 

翻訳更新、これは無いだろう~~
なんで余計な所に手を入れてしまったんだ!

 

昔から思ってる、一番直して欲しい所は、これかも。
収納系から物を取り出す時の表記。

「略奪する」じゃなく「取得する」とかにしておけばいいと思うんだけど……

 

 

 

続いて、大金庫パートの撮影。


撮影で使う面々よりかなり多めだが……

それは、今回も撮影のために攻め込むから。

 

 

放流して就職させたキャラが迎撃に加わっているのが、地味に自己満足ポイント。
こういう場面を見たくてやってるんだよな~~

 

 

そして、やはり浮いている建物内の設置物。


あと、今回の撮影では珍しい囚人を発見。


さすらいの暗殺者さん、何をやって逮捕されたんだろう……
立ち寄って門をくぐる事があるんだろうか?

 

 

大変なのは、ここから。反奴隷チームパート。

エリス、ボー、グレイ、レイ、

レッド、エスフェル、
ティンフィスト役のバーン、イェーガー、反奴隷剣士役のシュラ、

それと、修行を続けるリオン隊。

 

この道中でも、荒行は続く。

特にバーンはティンフィスト役を務めるにはスキル不足。


(即死率を下げるため、筋力は意図的に抑えている)

特に回避はもっと上げておきたいので、厳しい戦いに突っ込ませていく。

そろそろみっちり強くしておきたい所だけれども、まあ、劇中で言っていたようなリヴァイアサン相手の特訓は、常人にはまず無理……

 

深いダメージを負ったので、遺跡脇のテントで回復を……

って、またおるやんけ!


しかも、寝袋エリアから動かない警備モード!

 

 

こうなったら、やってやらー!! と、総攻撃。
初めて勝てた?!

当然、勝てたのは失血のお陰。

 

回復中に襲われるいつものパターンになったんで、走れるようになり次第離脱。


(えらい走り回るな、と思ったけど、この後泳いで巣に戻った)


 

そして、戦闘シーン撮影本番。
ランドバットの大群を発見した所でセーブ。
リオン隊で大群を引っ張り、エリス達をぶつけ、録画していく。

ここで、一発でバッチリ台本通りの戦闘が撮れたというのに、痛恨の録画ボタン押し忘れ……
やり直す羽目になるのだが……

 

 

リバイアサンが邪魔をする。

ロード時の位置関係が悪かった……
素早く群れに接近し、挑発して引っ張らないとこうなってしまう形で固定されてしまった。

 

三度くらい繰り返し、ようやく横に引っ張る事に成功。

改めて戦闘シーンの録画に入るが……

誘導に使ったトリスケが、密かに動画内にも地面に埋もれるような形で映り込んでいたりする。

よく見ないと分からないし、撮り直しはパスしてそのまま使っちゃった……

 

しかし、一度目の撮影ではグレイの手がもげてしまっていたが、二度目は全員五体満足。

後方待機のバーン達を放っておいても勝てたのは運が良かった。

 

撮影終了後も遭遇戦は続く。

バタバタ倒れるが、なんとか切り抜ける。

戦闘後、治療中に遠くに走り出そうとするので、「また射手がいらん戦闘に走りよるか!」と呼び止めていたのだが……

 

いや、いた。

この厄介もんがぁーーーー!

 

駆け寄る間にレッドまで射抜かれる。

修行相手にいいかと思い、拉致して連れ帰るつもりだったが……

 

このボロボロ状態では無事帰り着けない。
ここはスプリングに向かう事にして、スナイパーさんは捨てて行く事に。

 

ケルトン盗賊との戦闘を避け、コソコソする羽目にも。
うーむ、まだまだ我々は弱い!

 

上手く避けられたと思ったら、今度はランドバット!

なんとか振り切れたので……

 

スプリングのベッドを全て埋める勢いで爆睡。

いやーきつかった!

 

また、ボーに反応して「同行不発バグ」が発生。
変な所を走り回られて行方不明になられても困るので、じっくり待って同行期間が終わるのを待ってから旅立つ事に。

 

 

長時間待機する間、本拠点の特訓スペースで暇つぶしをしようとすると……

い、いない……
皮剥ぎさんまで消えてしまった……

 

仕方ないのでリーバーさんで我慢する。

定期的に新しい人入れといた方がいいなぁ、これは……

 

 

待機が終わってからは、また修行しながらの帰宅の旅。

次回に備え、特にバーンをみっちり鍛え……

 

帰宅。

次は、シンクライドチームの撮影。

 

イヌとジャファルはまだカカシ訓練を済ませた程度の能力。
スキマーにも率先して戦いを挑んでいく。

さーて、この先の戦い、無事に生き残れるのか!


道中の回復タイムで現地住民に迷惑を掛けつつ……

 

スクインの旅道具屋で大型パックを買い込み、遺跡漁り隊モードに。

前回の出番から、ほんの若干装備を追加(オロンの兜とか)して、冒険パートへ。

 

動画劇中の戦闘は、実プレイのほぼそのまま。

脳筋で敵に突っ込んでいくスタイルにも関わらず、いい感じで激戦を生き延びてくれた。
これも最後まで踏みとどまったシンクライドのお陰。
伊達に長い事レギュラーやってない!

 

そして、目的地、フォグタワーの島へ。


本プレイでは初登場か。

と、ここで珍しい発見。
フォグタワーから帰って来た人物?!

とかも、この召使いさん、観察中に向きを変え……

 

島に上陸。どうなる事やらと尾行を続けていたのだけれど……

 

怪我の治療をした所で、クルリと向きを変えてしまった……

余計な事しなければよかったー!

塔でフォグマンに食べられる犠牲者が自然発生するのかどうか、見てみたかったなぁ

 

撮影のため何度か行き来していると、結構この島も賑やかな事が分かった。

人間は滅多にいないだろうけど、動物はそこそこ生成されるっぽい。

 

塔の中には何があるのか、調査しておく事に。

(戦闘は余裕の勝利で、割愛)


当然、バニラゲーム内ではシンクライド達が求めるようなすごい秘密は無いが……

傑作のMOD弓と……


Mk~カタン武器が少しと、青本が2冊。

劇中メンバーの収穫として、何か武装強化も考えておこうか。

 

 

無事収録を終え、デッドランド経由で帰宅。

(感電しそうな絵面だ……)

 

旅の結果、新人のステータスはこれくらい上昇。

本物のバンボンズくらいの強さにはなったかな?

 

で、本拠点に帰り着くと、この出待ちである。


こいつは修行に丁度いい!
つっこめーーーー!!

 

しかし、拠点中央部からこのゲートまでは遠く、味方が辿り着く前にボッコボコ。

 

とうとう全滅してしまい、面倒な事に。

武器取られた! うっとーしーーー!!

 

仕事をあまり割り振っていない演者部隊が駆けつけ、勝つ事自体は余裕だったが、武器を取り戻すのにすっかり手間取ってしまった。

 

リーバーに拉致されたシンクライドは、道中で担ぎ手が逃亡奴隷を見つけた際になぜかポイ捨てされ……

 

同様にグレイも拉致されていたが、担ぎ手が致命傷で、治療もしておらず……

道中で倒れ、そのまま解放された。 うーん、手間が省けて助かった。

 

あれ? グレイは武器取られてないなぁ……

リーバーの武器スロットが埋まってたから、とか?

 

 

その後、バーンを鍛えるべく修行小屋を使っていると……

あぁ…… 運が悪かった……
とうとう修行相手が一人だけに……

 

こうして、次回の撮影の準備も兼ね、バーンはレッドと共に旅立つのであった……

と言った所で、今回は終了!

 

 

今回の完成品は、こちら。

ダブル・ホールドサーベル

やや長めになったリーチと、自然な感じに重ねる背面納刀。

これぞロアフレンドリーって感じ!

 

 

<続く>


 

<プレイ目的>
・ユニークキャラコンプ(43/43)
・MOD装備(自作エッジ2&傑作)コンプ(73/73)(27/28) 
・追加MOD武器(23/27)
・MODメイトウ集め(49)
・動画素材撮影


<主な使用MOD>
・Fox Weapon ・軽量化系 ・バグ修正系
・256人 ・JRPGJRPGバニラ ・ウィスラー
・イーチパーソンズ ・ブラッドラム自作 ・etc
 

<プレイヤーキャラクター> 
・ラー   :クロスボウ/刀
・ヤヨイ  :刀
・レッド  :刀 武術
・イズミ  :鉈
・アネイス :鈍器/刀
・ガイラ  :刀/鉈
・エリス  :鉈&武術 
・ジュエル :鉈
・モブタロウ:鈍器
・モブジロウ:鉈
・モブミ  :鉈
・モブヨ  :鈍器
・モブゴロウ:刀/鈍器
・リドリィ :刀
・レイ   :長柄
・ヘッドショット :クロスボウ/刀
・ソマン  :長柄
・グリーンフィンガー:鉈・刀
ホッブズ :刀
・ホース  :サーベル
エスフェル:重武器(仮)
・シンクライド  :クロスボウ/サーベル
・ルクィン :武術
・トゥルブレ:クロスボウ/刀
・チャド  :武術
・ボー   :刀
・グリフィン:鉈
・バード  :刀
・ナイフ  :サーベル
・ピア   :鉈
・レヴァ  :鈍器
・ディグナ :鉈
・バーン  :鉈/武術
・ビープ  :長柄
・ジョン  :刀
・ウィンワン:サーベル
・シュライク:長柄
・レーン  :重武器
・カン   :サーベル 重武器
・ルカ   :重武器
・オロン  :重武器
・キャット :刀
・レイジ  :長柄
・レイザー :長柄
・チーガル :刀
・シーレン :鈍器
・ザン   :刀
・サッドニール  :サーベル
・カナ   :サーベル
・カリン  :刀
・カイネン :刀
・パスクリ :刀
・ルミ   :長柄
・スカリー :長柄
・クモ   :刀
・グレイ  :刀
・ガルトナ :刀
・イーゴア :サーベル
・モムソー :刀
・グリーン :クロスボウ/刀
ミウ   :サーベル
・ドクターチュン(2):鉈
・ヤムドゥ :クロスボウ/刀
・アグヌ  :重武器
・シルバーシェイド:クロスボウ/鉈
・ハムート :鉈
・セト   :重武器
・ロンゲン :サーベル
・ブライチ :鉈
・モブロク :刀
・コサク  :武術
・コサック :武術
・コーサク :武術
・コサーク :武術
・コサンク :武術
・ブラジ  :鉈
・ブラザ  :鉈
・コヤムI~Ⅳ
・コヤム1~4
・ダウレット:刀
・ニッシ  :鉈
・サムジロウ:刀
・サムザ  :刀
・アクタ  :刀/サーベル
・パラワン :鉈
・パラトゥ :鉈
・パラスリィ:鉈
・リオン  :刀
・シノミ  :刀
・トリスケ :刀
・カッシュ :刀
・アクトワン
・アクトツー
・イナバ
・マシエ
アクトスリー
・ハンタ  :ボウ+サーベル
・ハンジ  :ボウ+サーベル
・ハンザ  :ボウ+サーベル
・クロト  :刀
・コザン  :刀
・グレイクラウド  :刀
・ゴモエ  :刀
・ユベール :刀
・ギサム  :刀
・ギルダ  :サーベル
・ギルト  :サーベル
・ロブン  :弓/サーベル
・イェーガー:長柄
・シュラ  :サーベル
・コイン  :刀
・オオタ  :サーベル
・シミオン :サーベル
・ビビアン :鈍器
リリアン :鈍器
・シキロウ :鉈
・ハーモトー:刀
・ミカタ  :刀
・オリビエ 
・オニ   :刀
・グリーム
・アル
・ダルパン :ボウ
マクフィ
・チャブス :長柄
・ヤブタ  :武術
・シンプソン:刀
・アイメル :刀
・ゼツリ  :刀
・Lマイア :重武器
・Bカム  :鈍器
Whistler  :鈍器
・トラ   :鉈
・ジャファル:鉈
・イヌ   :鉈

         ……等、計157名

 


 

 

 

#Kenshi s5_108「猛特訓、悪役チーム!」

前回は、(記事の順番とは異なるが)ウェイステーションでプレイを終了。
そのまま、決闘の続きからの撮影スタートとなる。

そのまますんなり戦闘シーン終了、とはならなかったのだが……

 

 

 


s5_108「猛特訓、悪役チーム!」 


 

 

実は、前回の動画(68話)の時点で、三人の人物を酒場に配置していた。

そのうち一人が、うっかりダブルウェポンの忍者刀を装備していた……

 

ビッグ・グレイ役を演じる、マクフィーである。

 

一般通過エネミーに撮影を妨害されつつ、レッドvsリオン隊の撮影に入るのだが、これがまた、全然上手く行かない。

なぜなら、彼らリオン隊はまだ戦闘ステータスが58前後に留まっているから。

レッド(ステ約70)との対戦シーンは、どうしても圧倒されて終わってしまうという……

 

バックパックを手荷物に入れて「重い」状態のまま戦わせても、まだレッドが圧倒。

このままではいかんと一念発起、リオン隊を集中特訓することに。

って、特訓相手、しんどるーーーー!!

運悪く一箇所にダメージが集中してもうたかぁ……

 

やはり、生身の人間では特訓効率が悪い。

ケルトンだ! スケルトンを招聘しなければ!!

 

と言うワケで、やって来ました南東エリア。

ステ50台4人だけでは不安なので、60台あるギルダ&ギルトコンビも同行。

(この2人は動画ではグレイ達と一緒にいるスワンパー役)


道中たまたまリバイアサンに遭遇してしまい……

 

ひゃあ、我慢できねぇ! 特訓だぁ!!

と、撮影衣装のままで挑んだ結果……

 

手足がポンポンちぎれ飛んで行ったため、あえなくリセットに……

 

工場長さんは行方不明のままなので、今回の狙いは南東のスケルトン系モブ。

 

そして、今回は道中出会った敵は避けないで進もうと決め、バリバリ遭遇戦をこなして行く。

 

そして、遺跡前のテントで回復していると、乱入者が現れる。

ランドバットとの戦闘に反応して遺跡から出てきた?! 
キングゴリロさんの乱入だー!

 

流石にキンゴリとバットの挟撃を受けては勝てない……

ボコボコにされ、距離を取って獣同士の戦いを眺める羽目に。


勝利し、悠々と帰宅するキンゴリ氏。流石の貫禄。

 

で、回復のためにテントで休んでたら、またコレである。

はっはっは、南東は修行にピッタリだなぁ!

 

とうとう数の暴力に負けてキンゴリ様が死んでしまいそうだったので、担いで退避させる一幕も。

(最早、手足が無事なのはトリスケだけ)

かなりの深手だったので、隠密して治療してから去る。

 

さて、修行の成果は……

おお、それぞれ2~3ずつくらいは上がった? ようやく60台に突入!

気を取り直して南へ進軍……
と思ったら、また群れと出くわす。

野良の黒ゴリロがボコボコにされている現場に乱入。

 

そして、あまりに数が多すぎてまた敗北…… ランドバット、やべぇ……


ま、まあ、修行に来たんだ! これくらい丁度いい!!(冷や汗)

 

遺跡前に設置した回復テントまで戻ると、またヤツが戻って来ている……

ここで気付く。

なるほど、戦闘に惹かれたのではなく、倒したランドバットの死体を食べに遺跡から出て来ていたのか、と。

思い返せば、以前にテントでキンゴリに襲われた時も似たようなシチュエーションだったか。

 

回復後、カワハギさんでも招聘に行くかと、さらに南へと歩みを進める途中、回復のために反奴隷本部スプリングに立ち寄る。

 

おや? なんか見慣れない人が……

 

こ、この大胆不敵なセクシー格闘スタイルは……!!

空手放浪者だーっ!! やっぱり、この人達ここ目指して旅してるんだ!
席に着いてすっかりリラックスしておられる!


前もここに向かってるカラテマンがいて、途中で見失ってたけど……
そうか、ここを探せばその時もいたのかもしれないなぁ

 

改めて再出発。

今度は負けなかったけど、一回スプリングには戻りましたねぇ……

 

ようやく南に進む事が出来て、スナイパーバレーを通過。

そして、カワハギエリアに到達。

 

みつけたー! レッツハンティング!!

 

あ、良く考えたら、これ、マズイんじゃ…… か、数の差が……

こ、これは負けコース……

 

ステータスはこれくらいだけど、数とタフさがなぁ~~

 

MOD武器持ちが混じってたのも大きいのかなぁ……

なんて、呑気に分析している場合じゃない。

 

遭遇した場所は、敵本部近く。当然こうなる。

 

トリスケは脱出に成功するが、その間にリオンも皮を剥がれ始める。

これはまたリセットの予感……

 

捕まった各自、装備を破壊されないようにすかさず脱いでから、傷ついた体でピッキング

足掻ける所まで足掻こうと試みるが……

 

次々皮剥ぎに投入される仲間達に対して、トリスケ一人では作業が追いつかない。

 

手足を痛めたメンバーが多すぎたため、短時間での全員脱出は困難。

已む無くの断念となる。

リセット!

 

 

幸い、直近の自動セーブが残っていたため、経験値ロスは最小限で済んだ。

ランドバットかと身構えていたらヤギだったというビビリ案件の後……

 

リトライ開始。

 

今度は無茶をせず、トリスケの弓で一体だけ釣る。

今回は無理せず一体だけ連れて帰る事に。

 

その帰路の途中。
出会えたらいいな、と思っていた相手が出現。

この辺りを単騎放浪している狙撃ロボ。

カワハギよりステ水準が高いー!

 

ロボさらいと化したチームで襲いかかり……

お持ち帰り。

本拠点を目指して真っ直ぐ帰宅。

 

 

さあ、これで修行が捗る…… と思ったら大間違い。

 

そりゃそうだ、こうなるワケで。

敵対勢力同士を一つ屋根に同衾させるなよ、自分!!

 

おまけに、スナイパーボットさんはドア破壊までする始末。

 

ドアは壊しても逃げ出す事が無いのがせめてもの救い。

(パトロール状態のまま棒立ちになる)

 

カワハギはカワハギで物騒な事言いながら武器没収するし……

 

仕方ないので訓練設備を増築。

念の為ゲートを増やして……

人間用の宿舎を併設。

 

ケルトンと人間をローテーションで両方戦えるように……

ってまあ、ちょっと油断したら隣りから乱入してくるんですけどねー

 

 

ちなみに、今回拠点に戻った時点で、前回定住モードになっていたハイブキャラバンは消滅していた。 しょんぼり……

 

そして、修行の成果も出て、ステータスが向上。

これなら編集次第でレッドのピンチも描けるようになっているのでは……

 

 

再びこのチームを編成し、戦闘シーンの撮影へ。

久々登場のネコアツメ(中身シルバーシェイド)と、シソー役として退場してから久々登板のモムソー=ハッシュ。

なぜこの外見でハッシュなのかというのは、シーズン3時の名残り。

女好きな点も地味に引き継がせてたり。

 

 

まー、時間帯合わせてで酒場で待機してると、色々起きるのなんの!
今回はブラックドッグvs奴隷商が発生。こいつら出会い頭で喧嘩するのか……

関係が悪化しつつあるので、これ幸いと治療に走る。

 

うーん、そろそろ危険域。たくさん買って改善すべきか。

 

 

そして、夜明けと共に対レッド戦。

試してみると、倒されたり倒したりで、互角に近い状態。

ウェイステーション前での戦闘のため、解雇(テックハンター化)して殴る形式の撮影に衛兵の妨害が入ったりしつつ、一通りのシーンを撮り終える。

 

戦闘終了後は、適度に負傷してもらうため、ちょっとエスフェルに無理をしてもらったりしつつ……

 

 

 

完成した動画がこちら。

www.nicovideo.jp今回はなんとなくレッドの旅の道中を一通り撮っていたら、組み込みたいシーンが幾つか入って来たため、後半が予定外に長くなってしまったりも。

 

 

 

そして、今回絶対語っておかなければならない事が、ここで発生。

Kenshi、久々のアップデートである。

 

kenshi-jp.hatenablog.com

▲日本語版・公式ブログ

 

今回主な変更点は、FCSの機能改善と、UIの翻訳更新。
FCSはかなり変わったらしいけれど、MOD制作者ではないため、個人的にはあまり関わりがない。
が、UIの変更は別で……

 

 

セーブ、ロード、という単語を使うのをやめて、変な感じになってしまったり……

 

「添え木を使う」で良かろう所が変になっていたり……


なんというか、また色々と違和感の残る翻訳更新になってしまった。

 

マイル表記が日本語化されたのはスッキリして良かったと思う。

 

今回の翻訳更新はシステム・ユーザーインターフェース周りだけなので、ゲーム内の様々な語句はそのまま変更なし。

「召使い」が「召使」になっているのも、「シンクーン」が「シンク[   ]ン」になってしまっているのも、まだそのまま。

いつか修正されるのかなぁ……

 

 

 

動画冒頭、ラーパートの撮影時、今回はもう必要ないのに、ついオクランの盾を通ってしまったのだけど……

話しかけようと寄って来るパラディンに気付くのが遅れると、会話しようと反転しても、無視してプイと去ってしまう現象が発生。
これ、侍でもよく見かけるけど、パラディンでもあるんだなぁ

 

人間以外の種族はカン(マウンテン役)だけなので、担いで通過。
呼び止められはしなかったが……

オク盾兵、しっかり圧を掛けて来ていた。
こんなセリフもあったんだなぁ

 

修行のため同行していたリオン隊は外で放置し、エンドイン廃墟内でパスクリとの会話シーンを撮影。

……と、突然画面が切り替わってこの状態になったので、ビックリさせられたり。

アップで撮影してる時に一瞬で切り替わると心臓に悪いわぁ~~

 

 

次は、ルディンパート。
ここでも撮影中待機のリオン隊は大変だった。

 

いや、ルディン達も大概だ。
ゆっくり歩いて合流するシーンを撮るだけでも、すぐにコレだし!

仕方ないか、と、待機中にレイザーとサッドは頑張ってたという事にして、動画内にも戦闘の痕が映り込む形に。

 

 

そして、シミオン砦での撮影パートでもトラブルが。

事前セーブの際近くにいたのか、遊牧民が度々乱入。

頼む、そのまま気絶してくれ! 通り過ぎてくれ!

と、祈りながら見守るが……

 

あーーーーっ!!

 

あーもう無茶苦茶だーーーーー!!

耳のいい人だと、動画に混じったハエの音とか聴こえるかも……?

 

反乱農民役は、長い間モブを務めている面々+ほぼ出番の無いシュラさん。

ケンタとシュラが重装役、ケンジとケンミが剣士役、ケンヨンとケンコが一般反乱農民役。

 

 

そして、レッド達のウェイステーション~ブリンク間の旅は、動画で映している内容が、ほぼそのまま。

徒歩でゆっくり歩いて、戦闘は2回だけ。

バニラでの密輸団の存在から、既にグレイフレーヤーは帝国内にハシシを売りまわっているという話を入れて締める。

 

ここで、ちょっとした発見が。

……の、農民が酒場で働いてる!!

ブリンクは、畑だけでなく、店でも市民が代わる代わる働いてる……
ここはいい町だなぁ……

 

今まで放流して来たモブ侍達が農民と一緒に働いている所を撮るつもりの台本だったけど、また思わぬ形でブリンクの良さが確認出来てしまった。

 

畑が麦でいっぱいになってるので、適度に抜き取って畑の成長を待ち……

農民が収穫に来る所を待ち構えて収穫風景を撮影。

ここは全部麦かー 主食はパンですなー

 

エスフェルがお尋ね者だという事を忘れていて、待っている間に大変な事になったりも……

ブリンクの総力に勝てた! 修行の成果だね!(リセット)

 

 

後は、チーガルさんが拷問してる風なワンカットを、ポートノースの近くで撮影して……

 

最後に、以前作ったシミオン砦北の隠し畑の作付け面積が増えた所を撮影。

 

 

そして、本拠点に戻るとスナイパーボットさんが姿を消していた……

門は閉まってたのに、相変わらず謎だなぁ……

皮剥ぎさんは残っているので、今後は彼を育てていくとしましょーか。

 

 

 

▼今回のMOD武器コーナー

 

ダブル・コンバットクリーバー

「人斬り包丁」のダブル版。

インベントリ画像では先端が切れているため「そう言えばこんな切っ先だっけ」となったりして。

 

納刀は片方がかなり下寄りなのが個性的。



 

ダブル・リングドサーベル

九環刀のダブル版。

こちらも先程の包丁程ではないものの、下寄りの納刀。
腰背面の武装マウントってモビルスーツ感あって好きだな~

 

 

……と、今回はここまで。

次回は……

次回は、大変だろうなぁ……

特に台本面でかなりしっかり煮詰めないと……

 

 

 

<続く>


 

<プレイ目的>
・ユニークキャラコンプ(43/43)
・MOD装備(自作エッジ2&傑作)コンプ(73/73)(27/28) 
・追加MOD武器(22/27)
・MODメイトウ集め(49)
・動画素材撮影


<主な使用MOD>
・Fox Weapon ・軽量化系 ・バグ修正系
・256人 ・JRPGJRPGバニラ ・ウィスラー
・イーチパーソンズ ・ブラッドラム自作 ・etc
 

<プレイヤーキャラクター> 
・ラー   :クロスボウ/刀
・ヤヨイ  :刀
・レッド  :刀 武術
・イズミ  :鉈
・アネイス :鈍器/刀
・ガイラ  :刀/鉈
・エリス  :鉈&武術 
・ジュエル :鉈
・モブタロウ:鈍器
・モブジロウ:鉈
・モブミ  :鉈
・モブヨ  :鈍器
・モブゴロウ:刀/鈍器
・リドリィ :刀
・レイ   :長柄
・ヘッドショット :クロスボウ/刀
・ソマン  :長柄
・グリーンフィンガー:鉈・刀
ホッブズ :刀
・ホース  :サーベル
エスフェル:重武器(仮)
・シンクライド  :クロスボウ/サーベル
・ルクィン :武術
・トゥルブレ:クロスボウ/刀
・チャド  :武術
・ボー   :刀
・グリフィン:鉈
・バード  :刀
・ナイフ  :サーベル
・ピア   :鉈
・レヴァ  :鈍器
・ディグナ :鉈
・バーン  :鉈/武術
・ビープ  :長柄
・ジョン  :刀
・ウィンワン:サーベル
・シュライク:長柄
・レーン  :重武器
・カン   :サーベル 重武器
・ルカ   :重武器
・オロン  :重武器
・キャット :刀
・レイジ  :長柄
・レイザー :長柄
・チーガル :刀
・シーレン :鈍器
・ザン   :刀
・サッドニール  :サーベル
・カナ   :サーベル
・カリン  :刀
・カイネン :刀
・パスクリ :刀
・ルミ   :長柄
・スカリー :長柄
・クモ   :刀
・グレイ  :刀
・ガルトナ :刀
・イーゴア :サーベル
・モムソー :刀
・グリーン :クロスボウ/刀
ミウ   :サーベル
・ドクターチュン(2):鉈
・ヤムドゥ :クロスボウ/刀
・アグヌ  :重武器
・シルバーシェイド:クロスボウ/鉈
・ハムート :鉈
・セト   :重武器
・ロンゲン :サーベル
・ブライチ :鉈
・モブロク :刀
・コサク  :武術
・コサック :武術
・コーサク :武術
・コサーク :武術
・コサンク :武術
・ブラジ  :鉈
・ブラザ  :鉈
・コヤムI~Ⅳ
・コヤム1~4
・ダウレット:刀
・ニッシ  :鉈
・サムジロウ:刀
・サムザ  :刀
・アクタ  :刀/サーベル
・パラワン :鉈
・パラトゥ :鉈
・パラスリィ:鉈
・リオン  :刀
・シノミ  :刀
・トリスケ :刀
・カッシュ :刀
・アクトワン
・アクトツー
・イナバ
・マシエ
アクトスリー
・ハンタ  :ボウ+サーベル
・ハンジ  :ボウ+サーベル
・ハンザ  :ボウ+サーベル
・クロト  :刀
・コザン  :刀
・グレイクラウド  :刀
・ゴモエ  :刀
・ユベール :刀
・ギサム  :刀
・ギルダ  :サーベル
・ギルト  :サーベル
・ロブン  :弓/サーベル
・イェーガー:長柄
・シュラ  :サーベル
・コイン  :刀
・オオタ  :サーベル
・シミオン :サーベル
・ビビアン :鈍器
リリアン :鈍器
・シキロウ :鉈
・ハーモトー:刀
・ミカタ  :刀
・オリビエ 
・オニ   :刀
・グリーム
・アル
・ダルパン :ボウ
マクフィ
・チャブス :長柄
・ヤブタ  :武術
・シンプソン:刀
・アイメル :刀
・ゼツリ  :刀
・Lマイア :重武器
・Bカム  :鈍器
Whistler  :鈍器
・トラ   :鉈
・ジャファル:鉈
・イヌ   :鉈

         ……等、計157名

 


 

#Kenshi s5_107「バサカ漁は効率悪し!」

チームを分割+敵チームも加え、細かくシーンが分かれ始めた前回は……
スクイン側のシェクチームの撮影が済んだ所で終了。

今回は更にチームを四分割して進むため、都度遠征チームを組み換えての撮影となる。

 

 

 


s5_107「バサカ漁は効率悪し!」 


 

 

 

例によって一時保護が増え、放流の準備をしつつ……

 

まず、隔離特訓施設内のスパーリング相手のもげた足をケアすべく、高耐久型の義足を研究解禁。

動画主体のプレイなので、ゲーム内で2700日以上経過していても、まだ色々やってない事は多かったり……

 

 

んで、まずは今回完成した動画を紹介。

www.nicovideo.jp第68話で撮影したパートワケの中から……

 

 

今回まず編成したのは、「ヤムドゥチーム」。


リオンチーム+ヤムドゥ+護衛のギルメン役が四名。

ギルド側の役者のスキル底上げを考え、野生動物相手に修行しながらの旅。

ステータス50前後の面々では、この数はかなり厳しく……

 

 

戦闘中、折悪しく奴隷商が通りがかり、この有様である。


ええい、ただでさえ友好度が下がっているというのに、面倒事を!

 

ガルと奴隷商を相手取り、次々倒れていく中、マウンテン(カン)が耐え凌ぎ、仲間が起きるまでの時間を稼ぐ。

マウンテン役と思って、いい装備多めにしていたのが功を奏したか。

あるいは、流石はシェクの耐久力か。

 

なんとか持ち直した所で、とりあえず全員起きるまで、と寝袋を敷き、回復を始めた所で……


今度は人狩りが乱入。
これだからグレートデザートは!!

根性で勝ち切った所で、早々に回復は切り上げて出発。
これだけランダム遭遇する場所って事は、エンドレスバトルになりやすいって事だし!

 

やはり砂丘とかの地形で視線を遮るのは大事だなぁ、と、改めて思い知らされた……

 

 

撮影現場である南東寄りのエリアに移動し、リーバー相手に修行していると、面白い現象が発生した。

ブラックスクラッチ付近で「ついて行く」状態になったリーバー奴隷が……


門番のテクハンターに反応してしまった……
これ、待ってれば奴隷さんテックハンターに所属変わったりするのかな???


そう思って、追従指定をして延々待ってみるが、いつまで経っても「ついていく」のまま変わらない。
うーん、残念。

 

肩書が「元奴隷」に変わっても変化は無く、担ぎ降ろしを挟んでも、セーブロードを挟んでも変化なし。
一時的に目標なしになるものの、その後は「ついていく」に切り替わって終わる。

 

 

……と、ボディガードを指定して放置していると、いつの間にかテックハンターが敵対状態に!!


これは、多分アレだ。
ガードを命じていた奴隷さんが、リーバーの生き残りに反応して戦闘に巻き込まれ、プレイヤーもそこに介入する形になった……ってトコ??

 

 

付近では彼同様の奴隷(放浪者所属)が戦闘中。
これに反応したっぽいなぁ……



どうなる事かと心配しながら逃げ回っていると、「ついて行く」さんは元通りに。
一緒にテクハンに斬られるかと心配したよ……


そして、敵対したくないからテックハンターから逃走すると……

今度はこっちに向かって「ついて行く」が発生。

残念ながら、これは加入に至らず、走り去るオチで終わる。


おそらくこれ以上待ってもあの奴隷はテックハンターにはならないだろうし、諦めて修行を継続。

 

うーん、まだ55かぁ(今回の最後までに攻撃59にまでは成長)
隔離特訓の相手も血リーバーだし、そろそろやり方を変えなければ

 

撮影を終え、アイソケットまで戻った所で、また珍しい現象が発生。

ノーブルハンターの連れ回している奴隷を、奴隷商が襲い始めた。



 

果たしてどうなるものかと見守っていると、特に問題なく奴隷商人が奴隷を奪って去っていくオチに。
うーん、面白くはないけど、町の様子が変わらない方が動画のためには良いので、それならそれでOK。


……とか思っていたら、後日この奴隷商人(アイソケット屋外で活動している個体)が消えていた。
やっぱり怒られたのか、帰り道に野盗にやられたのか……
この商人が帰る所までは確認してなかったからなぁ……

 

なぜなら、その直後、ブラックドッグとノーブルハンターが正面衝突するという現象が発生していたから。


戦闘になるのか?! ならないのか?!

と、見守っていると……

うーん、何も起こらず!
誰でも彼でも見境なく射撃を開始するワケでもないんだなぁ~


奴隷キャンプに立ち寄ると、珍しくハーモトーが滞在中。

大都市間だけでなく、田舎のキャンプにも姿を現す事があるんだなぁ


旅の間、今回もまた過去に放流した再就職キャラをちらほら見かけたのだけど……


もしかして、飢えてるタイプって、「百姓に所属したから、飢えた百姓の固定値187に変化」してたって事?!


今後は所属勢力も確認しておこうか……(こちらは飢えに変化無し)

 

 

 

ハウラーの本拠点に帰還後、隔離特訓施設で寝たきりになってるリーバーをズシンして……(トリスケの暗殺スキル上げも行う)

 

熟練~傑作の耐久型義足を配布。


これでより長くスパーリングが出来るようになっただろう。

 

義肢の製造で久々に銅が減り、別チームの撮影の間、イーゴア&ウィスラーの強キャラコンビで銅堀り放置。

しばらくしてカメラを戻すとすごい事になっていたりも。

大体ステは80と100で、放置で戦い続けても平気な安心感あるコンビ。

 

 

隔離特訓エリアと言っても、時々「もう回復したやろ」と折を見て対戦しているだけで、特に集中敵に戦闘している訳ではない。
「思い出した時に1バトルする」程度なので……
何かがそこにいる、という事に、中々気付く事が出来なかった。


ウェスタンハイブのキャラヴァンガードが、変なトコで棒立ちに……
おなじみの壁抜けが発生して、中にめり込んで置き去りにされた形か。

しかも、このソルジャー、プリンスの帰宅後リーダー扱いされるようになったのか、取引が可能。
上限は4000cat程度ではあるものの、便利機能が増えてしまうのであった。

 

 

で、彼らが原因なのかどうかは分からないけれど……
なんか、しばらくして気付いたらゲートの耐久が0に。

ええい、物騒だなぁ
隔離NPCの逃走は発生してなかったからいいようなものの。

 

が、しかし、ある時気付いたら、こんな事になっていた。

戦闘の気配を察して、壁壊して仲間が駆けつけた?!

 

流石にこうなると閉じ込めてた敵も反応してしまう。


現在の部隊編成は、ルディンパートの面々+ヤヨイチーム。
(サボテン穴攻略を考え、戦力多めに配備)


足の超速い黒狐スケルトンがいたのが幸いし、追い付いて殴り倒す事が出来た。

 

全員気絶中なのを確認し、ドアに鍵を掛け、試しに外に開いた状態でしばらく観察。

こいつら、動かんなぁ……
どうやら移動の意思の無い状態で固定されてしまったようだ。

 

修行エリアの事はここまでにして、次はルディン達のサボテン穴パートの撮影。

今回上忍役を務めたのはモブミ・モブヨの2人。


本来下駄は履いていないが、砂漠の忍者が裸足なのが可哀想で、履いたままの場面が多い。

 

前述の通り、このメンバーで遠征開始。

 

 

現在、砂忍者とは友好関係にあるので、進入禁止のスナニン本部に入り込んでも戦闘にはならない。

 

ズシンしても敵対してくれないし、友好度も大して下がらない。

 

仕方ないので、延々逃げるオニ(本物)を全員で追い掛け、攻撃を仕掛け続ける事に。

これがまた、相手が走り回るのでとても効率が悪い。

ヤヨイでズシンしてピラーマシンに突っ込む方が早かったか……

 

苦労して有効を解いた所で、塔に乱入。戦闘開始。

全員塔から叩き出した所でようやく撮影開始。

敵対していてもベッドが使えるのは助かるなぁ……

ポーズ変更になる負傷が回復するのを待ち、塔内部の会話シーンの撮影を済ませる。

 

もちろん、今回も撮影後は元の状態に巻き戻し、MODブーツ受け渡しのシーンでは現地のNPCを交えての撮影になっている。



 

 

次に、ラーチームのパートの撮影に向かう。

スカリーが大量のカニバルと共に立っているシーンは、BARフラフラガー拠点に対する襲撃を待ち、開幕セリフが終わるまでの静止状態を利用してのもの。

襲撃が始まった所でパスクリの孤軍奮闘シーンを撮影するが……
当然一人で勝てるワケもないので、連れ去られそうになった所で全員で戦う。

動画上は、スカリーがカニバルを率いて来たという設定だが……
当然、スカリーもカニバルに攻撃されている。
出来るだけそうは見えないように映像をカットしたけど、まあ、ちょっとくらいはご愛嬌という事で……

 

 

 

 

次は、バンドオブボーンズに会いに行くシンクライドパート。

角なし軍団という事で、まずルカをトラのチームメイトとして起用。


しかし、これだけでは演者が足りない。
今後もバンボンズを動画で使うのだから、誰かに「一時的に角無しになってもらう」のではやり辛い。
ここは久々に人材を増やし、バンボンズ役を雇用する事にしよう。


スキマーとアイアンスパイダーの対決を眺めつつ、デッドランド経由でシェク領へ。

 

問題なく到着し、トラさんに会いに…… うーん……
やっぱりあの特徴的な岩がないと物足りない!



と言う事で、一時的に負荷軽減MODをOFFに。

この時、トラ役は、トラ本人を雇用する事を予定していた。
なぜなら……

 


以前から興味のあったこのMODを使いたかったからだ。

steamcommunity.comこのMODでは、トラを仲間にしてバンボンズと同盟が結べる他、かなりの量のユニーク会話が追加されるらしい。

これの投入を楽しみにしていたのだけれども……

 

現地に、トラがいないのだ。

 

MODの効果ですぐには敵対しなくなったまで、もう一度念入りに調べてみるが、やはり見つからない。

 

 

以前お世話になった「Kenshiのセーブから色々表示してみる」で検索してみても存在が確認出来ない。
セーブデータを現存最古の物にしてみても、見つからない。

どうやら、以前メイトウを盗み取った際に消滅していたようだ……
当時隠密がバレているので、そこでボスであるトラが戦闘反応を示していたとしたら、割とよくある例の「要人消滅現象」が発生してしまったのかもしれない……

 

こんな感じで周辺のエネミーとの戦闘も発生する。
強いシェク王国部隊でも通りがかって野垂れ死んでしまった可能性も0ではない。

 

 

諦めて立ち去り、酒場の角なしシェクを雇用する事に。

 

だが、酒場の角なしさん達は、雇用してキャラメイクを挟むと……


ハゲ(角無し)のデータがリセットされてしまい、角が復活してしまう。

これはもうFCSでいじるしかない……

 

どうせFCSで角をいじるなら、最初から強い方がいいよね!
という事で、やって来ましたバサカ居住地。

 

現地でバーサーカー相手に修行しつつ……

 

倒れたバサカを、東のカニバル村へと運ぶ。

 

現地にポイし、カニバルが檻に入れた所で解放するという、例のアレだ。



程なく最初の一人が加入。

だが、調子が良かったのはここまで。


かなりの荒行のため、ダメージも嵩んでいる。
全滅した後のランダム生成カニバルキャンプを休憩所にしていると……

いつのまにか遠方のカニバル村にルカが拉致られていたりというウッカリを挟みつつ……


ダメージが溜まった所で浮浪忍者村に立ち寄ったり……

(相変わらず、スケルトンも義肢使いもいないのに、謎の反応するなあ……)

 

 

カニバルと戦いながら、放浪するバーサーカーを探して倒し……

カニバル村にポイ、を、数回繰り返す。

 

食料が尽きそうなのでブルの群れを狩って……

粘り強くバサカガチャを繰り返す。

 

すぐに目覚めて襲ってきたバサカから逃れようと檻エスケープすると、一方的に斬られるというハプニングもあったりして……

 

だが、5~6回繰り返してみたものの、仲間入りが発生しない。

以前も同じ事を思った覚えがあるが、やはりこのバサカガチャは効率が悪い……

 

カニバル村が壊滅し、テックハンターまで駐留し始めたので、諦める事に。



アドマグの酒場に戻り、ジャファルとイヌの2名を雇用。


デッドランドやや南寄りを通って帰還。



うーん、岩場、じゃまだなぁ…… 撮影終わったら負荷軽減MOD復活させとこ……

 

 

本拠点帰還後、早速セーブデータの「shaved」の項目を弄って角なしに変更。

 

……って、トラさんめっちゃ角生えてる!!
これは、以前ガイラの時にもあったヤツだな……



この辺り……

「horns」関連の数値が0ばかりになっていると、角なし状態でも無視して角が生えて来るようだ(仮) ※要検証

 

と言うワケで、無事トラさん(元バサカ)も角なしに。

 

 

バンズ本部に戻り、襲撃開始。

撮影のために死体は少し離れた所にポイしているが、地面には派手に血痕が残っていたため、カメラアングルにかなり制限が掛かる撮影になってしまった。
本部の外まで釣り出してから戦えば良かったか……

 

この上から覆いかぶさるような形の岩(?)、こうして見ると、水滴を集めるのにも適してそうだなぁ、なんて思ったりしつつ、トラパートも撮影完了。

 

 

 

最後は、酒場のレッドパート。

グレイデザート手前のウェイステーション内での撮影になるが……

この店内、椅子が埋まっていて、上手くリオン隊がまとまって座る事が出来ない。


ので、傭兵達に本部防衛を依頼し、退店してもらう事に。

 

下準備の間、付近で倒した鉄蜘蛛の素材を売却しようと建材屋に立ち寄ると……

店長がいない!?!?


酒場客の一人が倒れたりしているので、どうやら戦闘があったようだが、店長は行方不明……

 

少し巻き戻してもいないままだった。

これは諦めるしかないか……

本プレイも超長期化し、色々と不都合な出来事が重なり始めたなぁ……

完結を急がないと、「バニラに近い世界」がいつ維持できなくなるか分かったもんじゃない……

 

 

あと、今回の撮影の間、前回のミスに気付いたりも。

 

ウェイステーションに訪れたトレーダーズギルドの鎧の色を確認してみると……



あれ? これ、前回レイザーに着せた鎧と同じ色なんじゃ……

 

着てる鎧と並べて見比べてみても、やはり完全同一……

 

フリートレーダーカラーは、こちら。明るい青。

やはり、以前から撮影衣装としてキープしていた鎧の方がフリトレ色で合っていたのだ。



仕方ないのでズシンして2着拝借。

レイザーとサッドニールの分の衣装を再度確保する。
まあ、これでズボンの色まで正確にフリトレ色に出来たと思えば……

うーん、なんというイージーミス。
前回はまだインフルエンザの後遺症でゴホゴホしていた時期で、プレイも雑になっていたかなぁ……

程よく手を抜くのがウチの方針とは言え、ちょっと気が緩みすぎかも……

 

 

 

と言った所で、今回は終了。

今回完成したMOD武器の紹介コーナーへ。

 

 

ダブル・パラディンクロス

持ち手の位置からすると、ややリーチは伸びているか。
納刀は落ち着いたポジション。

 

ダブル・ヘビーポールアーム

ポールアームと比べてリーチが(多分)短いヘビポだが、こちらもややリーチが延長されているかも。
納刀は他の長柄と同じく、分割ではなく高く伸びる形。

 

ダブル・野太刀

握り位置が中央寄りだが、リーチは少しくらい伸びていそう。

納刀は背面X状で、バニラっぽさが高い。

 

 

ダブル・忍者刀


忍者刀の真っ直ぐさによって、他の刀より「一本の棒」感を高く感じるのが面白い。

こちらも納刀は正統派。

どちらも自然でカッコイイ。

 

で…… 今回の動画、この武器をついうっかり装備したまま映り込んでしまったキャラがいて、それが次回に関わって来たりもするのだけど……

そこの仕込みに関しては、また次回紹介しようかと!

 

 

 

<続く>


 

<プレイ目的>
・ユニークキャラコンプ(43/43)
・MOD装備(自作エッジ2&傑作)コンプ(73/73)(27/28) 
・追加MOD武器(16/27)
・MODメイトウ集め(49)
・動画素材撮影


<主な使用MOD>
・Fox Weapon ・軽量化系 ・バグ修正系
・256人 ・JRPGJRPGバニラ ・ウィスラー
・イーチパーソンズ ・ブラッドラム自作 ・etc
 

<プレイヤーキャラクター> 
・ラー   :クロスボウ/刀
・ヤヨイ  :刀
・レッド  :刀 武術
・イズミ  :鉈
・アネイス :鈍器/刀
・ガイラ  :刀/鉈
・エリス  :鉈&武術 
・ジュエル :鉈
・モブタロウ:鈍器
・モブジロウ:鉈
・モブミ  :鉈
・モブヨ  :鈍器
・モブゴロウ:刀/鈍器
・リドリィ :刀
・レイ   :長柄
・ヘッドショット :クロスボウ/刀
・ソマン  :長柄
・グリーンフィンガー:鉈・刀
ホッブズ :刀
・ホース  :サーベル
エスフェル:重武器(仮)
・シンクライド  :クロスボウ/サーベル
・ルクィン :武術
・トゥルブレ:クロスボウ/刀
・チャド  :武術
・ボー   :刀
・グリフィン:鉈
・バード  :刀
・ナイフ  :サーベル
・ピア   :鉈
・レヴァ  :鈍器
・ディグナ :鉈
・バーン  :鉈/武術
・ビープ  :長柄
・ジョン  :刀
・ウィンワン:サーベル
・シュライク:長柄
・レーン  :重武器
・カン   :サーベル 重武器
・ルカ   :重武器
・オロン  :重武器
・キャット :刀
・レイジ  :長柄
・レイザー :長柄
・チーガル :刀
・シーレン :鈍器
・ザン   :刀
・サッドニール  :サーベル
・カナ   :サーベル
・カリン  :刀
・カイネン :刀
・パスクリ :刀
・ルミ   :長柄
・スカリー :長柄
・クモ   :刀
・グレイ  :刀
・ガルトナ :刀
・イーゴア :サーベル
・モムソー :刀
・グリーン :クロスボウ/刀
ミウ   :サーベル
・ドクターチュン(2):鉈
・ヤムドゥ :クロスボウ/刀
・アグヌ  :重武器
・シルバーシェイド:クロスボウ/鉈
・ハムート :鉈
・セト   :重武器
・ロンゲン :サーベル
・ブライチ :鉈
・モブロク :刀
・コサク  :武術
・コサック :武術
・コーサク :武術
・コサーク :武術
・コサンク :武術
・ブラジ  :鉈
・ブラザ  :鉈
・コヤムI~Ⅳ
・コヤム1~4
・ダウレット:刀
・ニッシ  :鉈
・サムジロウ:刀
・サムザ  :刀
・アクタ  :刀/サーベル
・パラワン :鉈
・パラトゥ :鉈
・パラスリィ:鉈
・リオン  :刀
・シノミ  :刀
・トリスケ :刀
・カッシュ :刀
・アクトワン
・アクトツー
・イナバ
・マシエ
アクトスリー
・ハンタ  :ボウ+サーベル
・ハンジ  :ボウ+サーベル
・ハンザ  :ボウ+サーベル
・クロト  :刀
・コザン  :刀
・グレイクラウド  :刀
・ゴモエ  :刀
・ユベール :刀
・ギサム  :刀
・ギルダ  :サーベル
・ギルト  :サーベル
・ロブン  :弓/サーベル
・イェーガー:長柄
・シュラ  :サーベル
・コイン  :刀
・オオタ  :サーベル
・シミオン :サーベル
・ビビアン :鈍器
リリアン :鈍器
・シキロウ :鉈
・ハーモトー:刀
・ミカタ  :刀
・オリビエ 
・オニ   :刀
・グリーム
・アル
・ダルパン :ボウ
マクフィ
・チャブス :長柄
・ヤブタ  :武術
・シンプソン:刀
・アイメル :刀
・ゼツリ  :刀
・Lマイア :重武器
・Bカム  :鈍器
Whistler  :鈍器
・トラ   :鉈
・ジャファル:鉈
・イヌ   :鉈

         ……等、計157名

 


 

 

 

#Kenshi s5_106「オクランの盾で腕試し」

あれ……まだ年越してから更新してないんだっけ……(汗)
インフルに掛かって寝込んでいたりもしたので、遅くなってしまいました。

前回は、動画66話のLマイア&Bカムのシーンを撮り終えた所で終了。
今回も内容の乏しい記事になりそうな予感がしつつ……

 

 

 


s5_106「オクランの盾で腕試し」 


 

 

 

 

まずは、前回確保した保護メンバーを奴隷農場で放流……

したのはいいが、人狩りに判定を持って行かれたのでリセット。

せっかく身なりを整えて放流するんだから、居着いて欲しい所。

 

イーチパーソンMODの効果で、しっかり奴隷ダーに所属が変わったのを確認しておく。

 

と、横を見ると、以前放流した再就職侍がしっかり仕事をしている。

ヘングが放流のしすぎで重くなって来ているので、他の場所に放流わ切り替えているけど、ここも結構増えて来たか……

 

立ち寄ったついでにパン屋で売買していると、ここでまた再就職の……
いや、これは元々いるNPCか!

トレーダーズエッジ等の都会以外にも、店番のギルド侍が存在していたのか……

数は少ないけれど、ギルドにも侍軍団は一通り揃っている、という事か。

 

 

 

それでは、ここらで今回完成した動画、67話を紹介。

www.nicovideo.jp

今回は、チームレッド、チームラー、チームシンクライド、の3パート構成。

 

 

レッドパートは……

かつて脱獄編で使ったグレイデザートの「合流地点B」で撮影。

全裸で勧誘したサッドニールをとりあえずで武装させるのに丁度いいため、B地点を再利用。

当然、以前置いたアイテムはとっくに消滅しているので、改めて地面に置き直している。

 

と、ここでふと気付く。
悪の忍者スタイルのままで砂漠に戻ってはまずいんではないか、と……

一度本拠点に戻って以前使った鎧を持って来るか……

 

と、思って移動し始めた瞬間、本物のフリートレーダーが通りすがる。

こいつはラッキー!

 

ルディンでズシンして、装備を強奪……

っと、よく見ると色味が違う!

以前用意した物はフリートレーダーカラーでは無かったのか……

丁度良かった。
二人分確保して……

 

ちょっと薄汚れた感じで、改めて装備換装。

 

うーん、これはお腹の部分がスカスカすぎて不安になるなぁ……
と、言う事で、動画内でセリフを用意してから、侍ズボンに装備変更。


フリートレーダーもみんながみんなヘッセ装備ではなく、他のズボンを装備している個体がいるので、特に不自然でもないだろう。

 

そして、意外に頻々と通り過ぎるNPCに妨害されつつ、レッドパートは撮影終了。

レッド達が走り去るシーンとか、いきなりブラッドレイダーが画角に割り込んで来たせいで、ちょっとカットが雑になっちゃったんだよなぁ……

 

 

 

続いて、ラーパート。
資金確保のため、毎回少しずつブラッドラムを持って行くのだけれど……

シノビに売却すればいい、と思っていたら、酒場タイプのシノビではダメらしい。
まあ、周りにこれだけ第三者の目があれば当然か……

そして、オク盾での撮影の下準備として、要塞の攻略がスタート。

流石にラー達だけでは不可能。このメンツでの攻撃作戦となる。

数の暴力で一気にカタを付けるのは簡単だが、今回はあえて数を絞り込み、オクランの盾の戦闘力を肌で感じられる程度に留めている。

 

ケルトンのタフネスを信じ、コヤンズの2名を先行突入させ、戦闘開始。

援軍が来ないように、夜、屋内での戦闘となる。

期待通り、コヤンズはヴァルテナに痛撃を与え、その後の趨勢を決めてくれたものの、早速コサンクが撃沈。
駆け付けたジュエルがヴァルテナにトドメの一撃を加える。

ここから、適宜倒れたスケルトンを修理しつつの、長い戦いが始まる。

 

歩くシーンを撮るためには、完全に戦闘が終了している必要がある。
(周囲に戦闘の気配があると、最低速を指定しても走ってしまう)

結局、その後戦いは散発的に発生し、負傷モーションが消えるのを待つ時間もあり、撮影に入るまで2~3日掛かる事になった。

 

最初の夜明け、戦いの序盤で、傭兵達がたまたま来てくれたのがラッキーだった。
これがなければもっと面倒な事になっていたはず。

シェク連れの小隊だったため、元々勝手に戦ってくれていたのだけれど、隊長を探し出し、しっかり雇用契約を結んでおいた。

 

戦いが長引く中、なぜか召使いの服を着た審問官にも遭遇。

あれぇ? 自分、武装解除してたっけ……?
審問官、自分で倒れた部下から剥ぎ取った?
傭兵を襲ったせいか、犯罪が付いたのか……?

と、珍しいものを目にしつつ、更に一般通過テックハンターなんかも参戦してくれて、比較的少数精鋭のチームでも無事撮影に入る事が出来たのでした、と。

静かになってから、タックスとヴァルテナの会話シーンを撮り終え、次のパートへ。

(当然、戦闘前のデータに巻き戻してから撤収)

 

 

 

次は、シンクライド、オロン、ヘッショのシェクトリオの撮影のため、スクインへ。

リオン隊を護衛に付け、いつものように鉄狐に絡まれつつ、デッドランドを踏破。

 

ヘッドショットを連れて行く事で、初めて目にするセリフなんかも。

こ、これは中二心をくすぐる!!

 

スクインの酒場での撮影は、特に問題無くスムーズに進んだ。

オロンとヘッショがジャケット姿なのは、戦士階級から家臣階級に落とされている事を現しているのだけど……

 

よく見ると、本物の家臣は侍ズボン装備の事もあるんだな。

確認してみると、むしろジーパン装備の方が存在しなかった……

まあ、皮ズボンは皮ズボンで、バンボンズとのつながりを感じさせるから、それはそれでアリ、かな?

 

 

 

リオン隊は常に撮影旅行に同行させているが、未だにステータスは50台。
旅先の野盗や動物相手程度ではあまり修行にならないか。
と、本拠点の隔離特訓エリアでリーバー相手にスパーリングをしようとしたのだけれど……

 

そうだ、忘れてた。
前回、足もげちゃったんだっけ……

次回までに、義足をプレゼントしておかないとなぁ……

ついでに、防具もガチガチに硬めてあげるか

 

 

 

今回の完成品報告。

 

ダブル・ナギナタカタナ

持ち方がそう後ろよりでもなく、リーチの長さはあまり感じない。

しかし、背面装備状態はナギナタ同様、面白い見た目に。
2本装備してゲームの武将っぽく演出するのもアリか。

 

 

 

ダブル・トッパー

トッパー(Topper)は、長巻の事。
こちらは結構後ろの方を持って振っているので、バニラよりリーチは長そう。

背面二本挿しも自然な感じで、正統派のカッコよさ。

 

 

あと、以前の記事でダブル・ジッテと紹介した武器ですが、あれは重十手の方でした。
と、言うか、武器鍛治のリストをざっと見てみましたが、ダブル十手は、無い……?
Steamワークショップの解説でもノーマル十手の方は記載が無いし、全武器がダブル化されているワケではないんですね。
勝手に勘違いしてしまってました……
とりあえず、ダブル・ジッテと書いた記事は、後で修正しときます!

 

と、そろそろMOD武器リストと見比べて未制作武器を詰めて行く段階に入りつつ……

次回へ。

 

 

<続く>


 

<プレイ目的>
・ユニークキャラコンプ(43/43)
・MOD装備(自作エッジ2&傑作)コンプ(73/73)(27/28) 
・追加MOD武器(16/27)
・MODメイトウ集め(49)
・動画素材撮影


<主な使用MOD>
・Fox Weapon ・軽量化系 ・バグ修正系
・256人 ・JRPGJRPGバニラ ・ウィスラー
・イーチパーソンズ ・ブラッドラム自作 ・etc
 

<プレイヤーキャラクター> 
・ラー   :クロスボウ/刀
・ヤヨイ  :刀
・レッド  :刀 武術
・イズミ  :鉈
・アネイス :鈍器/刀
・ガイラ  :刀/鉈
・エリス  :鉈&武術 
・ジュエル :鉈
・モブタロウ:鈍器
・モブジロウ:鉈
・モブミ  :鉈
・モブヨ  :鈍器
・モブゴロウ:刀/鈍器
・リドリィ :刀
・レイ   :長柄
・ヘッドショット :クロスボウ/刀
・ソマン  :長柄
・グリーンフィンガー:鉈・刀
ホッブズ :刀
・ホース  :サーベル
エスフェル:重武器(仮)
・シンクライド  :クロスボウ/サーベル
・ルクィン :武術
・トゥルブレ:クロスボウ/刀
・チャド  :武術
・ボー   :刀
・グリフィン:鉈
・バード  :刀
・ナイフ  :サーベル
・ピア   :鉈
・レヴァ  :鈍器
・ディグナ :鉈
・バーン  :鉈/武術
・ビープ  :長柄
・ジョン  :刀
・ウィンワン:サーベル
・シュライク:長柄
・レーン  :重武器
・カン   :サーベル 重武器
・ルカ   :重武器
・オロン  :重武器
・キャット :刀
・レイジ  :長柄
・レイザー :長柄
・チーガル :刀
・シーレン :鈍器
・ザン   :刀
・サッドニール  :サーベル
・カナ   :サーベル
・カリン  :刀
・カイネン :刀
・パスクリ :刀
・ルミ   :長柄
・スカリー :長柄
・クモ   :刀
・グレイ  :刀
・ガルトナ :刀
・イーゴア :サーベル
・モムソー :刀
・グリーン :クロスボウ/刀
ミウ   :サーベル
・ドクターチュン(2):鉈
・ヤムドゥ :クロスボウ/刀
・アグヌ  :重武器
・シルバーシェイド:クロスボウ/鉈
・ハムート :鉈
・セト   :重武器
・ロンゲン :サーベル
・ブライチ :鉈
・モブロク :刀
・コサク  :武術
・コサック :武術
・コーサク :武術
・コサーク :武術
・コサンク :武術
・ブラジ  :鉈
・ブラザ  :鉈
・コヤムI~Ⅳ
・コヤム1~4
・ダウレット:刀
・ニッシ  :鉈
・サムジロウ:刀
・サムザ  :刀
・アクタ  :刀/サーベル
・パラワン :鉈
・パラトゥ :鉈
・パラスリィ:鉈
・リオン  :刀
・シノミ  :刀
・トリスケ :刀
・カッシュ :刀
・アクトワン
・アクトツー
・イナバ
・マシエ
アクトスリー
・ハンタ  :ボウ+サーベル
・ハンジ  :ボウ+サーベル
・ハンザ  :ボウ+サーベル
・クロト  :刀
・コザン  :刀
・グレイクラウド  :刀
・ゴモエ  :刀
・ユベール :刀
・ギサム  :刀
・ギルダ  :サーベル
・ギルト  :サーベル
・ロブン  :弓/サーベル
・イェーガー:長柄
・シュラ  :サーベル
・コイン  :刀
・オオタ  :サーベル
・シミオン :サーベル
・ビビアン :鈍器
リリアン :鈍器
・シキロウ :鉈
・ハーモトー:刀
・ミカタ  :刀
・オリビエ 
・オニ   :刀
・グリーム
・アル
・ダルパン :ボウ
マクフィ
・チャブス :長柄
・ヤブタ  :武術
・シンプソン:刀
・アイメル :刀
・ゼツリ  :刀
・Lマイア :重武器
・Bカム  :鈍器
Whistler  :鈍器

         ……等、計154名

 


 

 

 

 

 

#Kenshi s5_105「忍者への道」

省エネ作業のGジェネ動画があまりにサクサク作れるんで浮気しつつ……
えーと、前回は……
ガットのあの人をチラ見せするシーンの撮影で終了していたんだっけ。

今回は、ノーフェイスへの攻撃を無かった事にするため、ロードして少し前に巻き戻っての再開となる。

 

 

 


s5_105「忍者への道」 


 

 

ロードして、リオン隊の休憩シーンを撮った場所からの再開に。

 

 

引き続き、バトル修行を続けつつ、帰路に。

リーバーを倒して、毎度おなじみの仲間入りも発生。

ヘング&ヘフトもかなり重くなっているし、今度はどこに放流しようか……

 

と、本拠点に戻ってみると、またモブヨさんが飢餓状態に。

インベントリを見てみると、今回も綿の収穫のせいで食事ができなくなっていた。
手荷物が衣装+実用装備でパンパンなのがいけない、というのもあるけど……
3*3の収穫物はコレが発生しやすい、というのもあるかな?
とりあえずモブヨさんはこの仕事から外れてもらっとこう。

 

保護したリーバー奴隷さんを外科医の所に連れて行き、今回もコピペ改名実験。

今回もばっちり文字色変化が発生。

 

 

んで……

ここらで、今回完成した動画を紹介。

www.nicovideo.jp今回は、オニ、カイネン、ガイラ、レッド、ラー、の5パート構成。

 

その最初の撮影地であるカクタスデンで、忍者衣装を与えた保護メンバーを放流しようとするが……

 

そうだ。久々なんで忘れてた。
テックハンターと野盗系は相容れない……

ひとまず放流は諦めて撮影開始。

 

アレッタ・オザンファン役は、カナとオリビエ(リリアンの母役)を整形して使用。
ちゃんと容姿のエクスポートデータが残っていて助かった!
オリビエの方はJRPG顔のバニラだったの忘れていたので、微妙にシーズン3と違う顔かもしれないけど、まあ、それくらいは誤差の範囲という事で。

出番が終わったら外見元に戻しておかないとなぁ……
って、オリビエ倒れてる?!

撮影中固守させていたせいでスキマーに襲われて倒れてしまったようだ。

相変わらずカクタスデンは騒がしい……



 

帰り道、砂漠を走っていると、過去に放流したメンバーと遭遇。

トロール状態であらぬ方向に突っ走っている。

ストートから敵に反応して飛び出した後、挙動不審になった感じか……

 

反乱農民から没収したと思わしき武器を除去してから、ストートに再放流。

プレイも超長期化してきたし、これからもこういった現象は増えていくんだろうなぁ……

 

 

リリーバさんの方は、大金庫の門番に再就職。

一回では無理だったものの、二度目でしっかり門番に反応。
所属を変えてくれた。

 

宇宙ドーム併設の小屋拠点で、スナニンの襲撃を眺めつつ休んでから……

(食料を見つけられず、往復運動中)

 

デッドランドを渡り、ボーダーゾーンへ。

 

ここまで一応伏せて来ていた、「ガイラの正体」パートに入る。

・メイトウ忍者刀を持っている

・黒髪スコーチ男性が相棒

・大食い

・デッドマーク>Dマーク + ザンという名前

・竜兜=ドラゴン

……と、前フリは散々していたので、流石にバレバレだった、かな?

 

新生ブラックデザート忍者+ボスが竜兜 という事で、

後にブラックドラゴンニンジャを名乗る事になる……

みたいな解説シーンが台本にあったのですが、ちょっと冗長すぎるかと思い、カット。

 

 

例によって、撮影のために現地を征圧。

連れてきていたのはこのメンバー。

リオン隊の四人、ヤヨイ、ザンとガイラ、
あとは、モブレイダー(忍者)役として、ブライチ、ギルト、シンプソンの三人。

流石に負けはしなかったものの、薄着な事もあって被害はかなり大きかった。

 

 

レッドパートとして、ブラックデザートシティ周辺で適当な遭遇戦を撮影してから……

デッドランドとヴェンジの境界辺りで休憩。
次回はここから撮影再開かな?

 

また仲間入りイベントを挟みつつ帰宅。

ラー、ジュエル、キャットを合流させる。

 

 

ホーリーネーションの東の端、廃墟エリアから北上する形でラーパートを撮影。

ここも問題なく撮影が進む。

 

帰り道、気付くとグリーンフィンガー(ゴウト)が倒れていた。

振り切れないアイアンフォックス、結構厄介!
レッド隊パートの会話シーンで走る速度が変わってるのも、こいつに追いかけられてたせいっぽいんだよなぁ~

(ちゃんと撮り直せよ!)

 

 

帰宅後、拠点内の戦闘で奴隷商人が多数転がっていたため、採掘エリアへの出口エリアに門を設置する事に。

これで拠点が開放型から閉鎖型に変わったので、町の外に放り出す仕事が機能するはず……

 

あー、放り出すのは、相変わらずここになるか。
逃亡の難しい奥側になる=致死率が高いという理由でこの形式をやめたんだっけ……?

いっそこの奥側の門は閉じておこうか。

 

動画のニンニン、LマイアとBカムの2名が忍者走り出来ていないのは格好がつかないかと思い、隠密スキルを伸ばす旅へ。

ちょこちょこと戦闘も差し挟みつつ……

 

うーん、ほぼ初期値からあっと言う間に20くらいは上がったけど、そんなに一瞬では上がらないか。

補正マイナスのズボンを脱ぎ、Bカムが先に30達成。

大型機械から足だけ生えたみたいになってて、ドロイド感ある!

 

グレイデザート手前のウェイステーションでウロウロして隠密を上げていると、ゲームがクラッシュ。

メモリを32GBに新調してから調子が悪かったものの、今回は多分普通のクラッシュ。

ブルースクリーンは発生しなくなっている。

16一枚、16+4GB、とか色々試してみたものの、結局16+16の32GBに戻して、そのままブルースクリーンの再発は無し。
メモリ挿し替えの際のギッチギチの硬さが随分とマシになり、簡単にカチッと言うようになっているので、もしかすると……
長年溜まって詰まっていた汚れが、抜き差しするうちにスッキリ取れて、接触不良が改善された、とかいうオチなのかも……?

何はともあれ、大きく性能UPした上で安定状態。よかったよかった。

 

 

 

と言った所で、今回の完成品紹介。

 

ダブル・ナギナタ

大柄のカンが持つと小さく見えるなぁ……

 

手に持つと普通な感じがするけど、特徴的なのは背中に挿した時。

これは二本差しせねば! と、やってみると……

これは無双な武将感! 京劇っぽさあるかも?

 

 

 

ダブル・フォーリングサン

こちらも握り一つ分延長されて、リーチが伸びてる感じ。

実用面でもかなり使い勝手が良さそう。

納刀状態も強者感ある!




 

ダブル・ヘビージッテ


カタカナにするならジッテと書きたい気分。
重十手の連結はどうなるのかと思っていたら、意外と普通。
全体が大型化した分、十手のL字部分が目立たなくなってるかも。

 

納刀状態。
バニラであった十手用の鞘は廃されている。

(良く考えたら、十手に鞘はいらないよな……)

 

 

 

てなとこで、今回は終了。


うーむむむむ、これまで以上に地味な内容になってしまった……
動画とは関係なく、何か新しいMODでも入れてみるべきか……

 

 

 

<続く>


 

<プレイ目的>
・ユニークキャラコンプ(43/43)
・MOD装備(自作エッジ2&傑作)コンプ(73/73)(27/28) 
・追加MOD武器(14/27)
・MODメイトウ集め(49)
・動画素材撮影


<主な使用MOD>
・Fox Weapon ・軽量化系 ・バグ修正系
・256人 ・JRPGJRPGバニラ ・ウィスラー
・イーチパーソンズ ・ブラッドラム自作 ・etc
 

<プレイヤーキャラクター> 
・ラー   :クロスボウ/刀
・ヤヨイ  :刀
・レッド  :刀 武術
・イズミ  :鉈
・アネイス :鈍器/刀
・ガイラ  :刀/鉈
・エリス  :鉈&武術 
・ジュエル :鉈
・モブタロウ:鈍器
・モブジロウ:鉈
・モブミ  :鉈
・モブヨ  :鈍器
・モブゴロウ:刀/鈍器
・リドリィ :刀
・レイ   :長柄
・ヘッドショット :クロスボウ/刀
・ソマン  :長柄
・グリーンフィンガー:鉈・刀
ホッブズ :刀
・ホース  :サーベル
エスフェル:重武器(仮)
・シンクライド  :クロスボウ/サーベル
・ルクィン :武術
・トゥルブレ:クロスボウ/刀
・チャド  :武術
・ボー   :刀
・グリフィン:鉈
・バード  :刀
・ナイフ  :サーベル
・ピア   :鉈
・レヴァ  :鈍器
・ディグナ :鉈
・バーン  :鉈/武術
・ビープ  :長柄
・ジョン  :刀
・ウィンワン:サーベル
・シュライク:長柄
・レーン  :重武器
・カン   :サーベル 重武器
・ルカ   :重武器
・オロン  :重武器
・キャット :刀
・レイジ  :長柄
・レイザー :長柄
・チーガル :刀
・シーレン :鈍器
・ザン   :刀
・サッドニール  :サーベル
・カナ   :サーベル
・カリン  :刀
・カイネン :刀
・パスクリ :刀
・ルミ   :長柄
・スカリー :長柄
・クモ   :刀
・グレイ  :刀
・ガルトナ :刀
・イーゴア :サーベル
・モムソー :刀
・グリーン :クロスボウ/刀
ミウ   :サーベル
・ドクターチュン(2):鉈
・ヤムドゥ :クロスボウ/刀
・アグヌ  :重武器
・シルバーシェイド:クロスボウ/鉈
・ハムート :鉈
・セト   :重武器
・ロンゲン :サーベル
・ブライチ :鉈
・モブロク :刀
・コサク  :武術
・コサック :武術
・コーサク :武術
・コサーク :武術
・コサンク :武術
・ブラジ  :鉈
・ブラザ  :鉈
・コヤムI~Ⅳ
・コヤム1~4
・ダウレット:刀
・ニッシ  :鉈
・サムジロウ:刀
・サムザ  :刀
・アクタ  :刀/サーベル
・パラワン :鉈
・パラトゥ :鉈
・パラスリィ:鉈
・リオン  :刀
・シノミ  :刀
・トリスケ :刀
・カッシュ :刀
・アクトワン
・アクトツー
・イナバ
・マシエ
アクトスリー
・ハンタ  :ボウ+サーベル
・ハンジ  :ボウ+サーベル
・ハンザ  :ボウ+サーベル
・クロト  :刀
・コザン  :刀
・グレイクラウド  :刀
・ゴモエ  :刀
・ユベール :刀
・ギサム  :刀
・ギルダ  :サーベル
・ギルト  :サーベル
・ロブン  :弓/サーベル
・イェーガー:長柄
・シュラ  :サーベル
・コイン  :刀
・オオタ  :サーベル
・シミオン :サーベル
・ビビアン :鈍器
リリアン :鈍器
・シキロウ :鉈
・ハーモトー:刀
・ミカタ  :刀
・オリビエ 
・オニ   :刀
・グリーム
・アル
・ダルパン :ボウ
マクフィ
・チャブス :長柄
・ヤブタ  :武術
・シンプソン:刀
・アイメル :刀
・ゼツリ  :刀
・Lマイア :重武器
・Bカム  :鈍器
Whistler  :鈍器

         ……等、計154名

 


 

#Kenshi 動画のコメ返し(61~65話+番外編)

いいね、広告、コメント等、ありがとうございました!

 

5話一区切りのコメント返し、61~65話+番外編です。

いよいよタックスとも再会し、最終章に突入。伏線回収ラッシュが続きます。

 

 

それでは、恒例、「コメント返しの名を借りた、どういう事考えて作ってたか」コーナーです!

 

※今後の展開のネタバレヒント等も含みますので、見たくない人は飛ばしてください※

 


 


<61話>

 

「鼻声キング」
「じゃあなんのために来たのさ」
  >ダストキングとなったアクタが会いに来る

 65話で明らかになったように、彼はまだ若く、正義感がある人物。

 勝った方がボスになるという、盗賊の頭としての勝負を申し込みに来た、と言った所でしょうか。

 

「身代わりが居るとすればどうだろうか」
「←ふむ、おめかしして攫われた本物のキャットが出て来る、と」
  >キャットを奪われ、面目を潰される事を嫌うアクタ

 ここでキャット=タックスの救出に成功してしまうと、歴史が変わってしまう。
 ならば、身代わりが留まる事になるのでは……
 と、そういうミスリードも含めて、ルディンのキャラ設定を用意していました。

 タックスとは別にキャットがいるというのも、面白かったかもしれませんねー

 

 

「いや、今更ダスト如きがコイツらと正面からやり合って勝負になるとはとても思えないんだが…」

「今から心配なことになるんだよ」

  >来るなら容赦しねえぞと凄むアクタ

 この時代では反乱軍の侍達と、ガイラ達がいるため、バニラ時代のダスト盗賊よりずっと強く……
 また、ラー達の戦力もステータス50前後と、やや不安の残るレベル。

 仮に、70台あるリドリィがいない場合は、ガイラ抜きでもそこそこ苦戦するかも?

 (撮影時には、ダスト役とラー隊総掛かりでシメてから撮影してました)


「押すなよ」
「妹にぶち転がされたらそれこそ…」
「ダストクィーン」
  >アクタ、遠回しに挑戦状を叩きつける

 アクタとしては、負けてもボスがタックスになるだけなので、そう悪い状況でもない。
 ラーの側も、負けても死ぬ可能性は低く、どちらが主導権を握るのかという戦いだと理解している。

 ……と、そんなケジメバトルな感じです。

 

「案外動揺も」

  >やっと落ち着いて来たトコなのに、と漏らすアクタ

 「妹だと?厄介な話を……」と、この辺りの台詞は、チャブスの件の前フリです。

 彼はチャブスを妹として扱っているので、もっと強くて立派な本物の妹なんてのが出てくると、自己評価の低すぎるチャブスの心がまた傷つけられてしまう、と心配しています。

 

 

「というか、この子は被験者」
  >赤の一族は好き放題実験してたくせにー!とヤヨイに煽られるラー

 ヤヨイがラーに対して理不尽なくらいの憎しみを向けている一方、ラーの方はタックスや一族のやって来た事を自分のせいだと考えています。

 

「未所属!?」

「都市連合を滅ぼし、HNを焼き払おう。シェクの腕を捥ぎ、ハイブの女王を殺め、最後に飽きて消えよう」
  >楽しければなんでもいいと言い切るヤヨイ

 そうです。
 ヤヨイは未所属の(悪い部分の)メタファー役を与えられたキャラでもあります。

 タックスが未所属という単語を知っていたのも、あの空間で知識を得ていた名残が……
 という要素のうち一つですね。

 


「前からそうだったけど、敵は短期間で鍛え直して超強化すんのに味方不自然なくらい強くならんよね。この期に及んでダスト如きに戦術必要な程に」
  >めっちゃ鍛えて来たと言うヤヨイ

 その理由は単純。
 ラー達の旅はほぼ全て劇中で「見えている」ので、あまり盛りにくいから。
 一方で、ヤヨイの方はクモやガイラと言った強敵とバリバリ戦って、描かれていない所で短期間で鍛え直している、という事にしてしまえる。

 実プレイの方はともかく、動画劇中の戦闘回数で考えればラー達は強くなりすぎている、という見方もできます。

 

 

「言い詰まる(´;ω;`)」
  >私にだって友達いるし!

 ヤヨイは、カイネンの事を友達とまで考えてはいなかったのだけど、煽られてついこの反応に……

 

「未所属ーは草」「クッソ煽るw」
  >圧倒的優位に立ったラー

 煽る事で逃走を選択させまいとしています。

 それはそれとして、めっちゃ爽快な気分になってそうですがw

 

 

「(そういえばデッドランドで余計なことしてる欠け身のお嬢ちゃんが居たな…」
  >スケルトンもまた陰謀を再開するかも?という心配

 謎のスケルトン「パトロン」も諦めたワケではなく、仕方なく人類への直接干渉をやめただけ。

 そして、64話でちょこっと語らせていますが、当分の間リリアンはこのままフェードアウトの予定です。

 


「なんともはや」
「まあ正直ヤヨイはいい加減しつこいから退場してほしかった」
「う~んヤヨイは最後までまたはエピローグまで生きてるパターンあると思う」

  >カイネンの裏切り ヤヨイ解放

 グレイクラウドの秘書が、裏で何もしてないワケないよな、という事で、いずれ出番を与えようと思っていたカイネン。ここでこうなりました。
 彼女は浮浪忍者本部との連絡役を務めているので、カリン・パスクリとは少々立ち位置が異なります。
 66話で、この辺りはちょこっと触れる予定です。 

 

 

 

 


 


<62話>

 

「おんやあ?」「強者の風格」
「強さはさ、口じゃなくその拳骨で語りなよ」
  >無言で通じ合うリドリィとガイラ

 なんという事のないシーンだけど、ここ、割と気に入ってます!

 リドリィ(レッド)も武器、防具、体調、精神、と万事充実。

 スキル値で見ると、ガイラ、レッド、ヤヨイは大体互角です。

 


バラモンなら知ってる」
  >自称クラルの末裔、バラゴン

 ガイラの部下の一人に名前が付きました。
 バラモンの弟で、リーバー決起に加わらなかったバークの侍という設定ですが、割とどうでもいいモブです。

 サンダ、ガイラ、バラゴン、とくれば特撮好きはピンと来るでしょうか。
 オダコウ(バークの侍)はオオダコで、アンガス(大金庫の囚人名簿) はアンギラスから来ています。

 後はバランもどっかで出さなきゃ…… 

 


「ごめんね、ごめんね。うちのダストキングはハープーンで蜂の巣に・・・」
「人望ないなあ、ダスキン

  >シンクライドに見切りを付けられたダスキン(アクタ)

 赤の乱で民衆の側に着いて以来共に行動している侍達に、力でシメた野盗達と、戦って通じ合ったガイラ達。

 野盗のボスにしては立派な男のはず……

 


「速さ一本で最強に手を届かせんとする忍者の頭領もいるぞ」

「フクロ」
  >忍者刀では力を活かし切れないガイラ

 バークを出てからは鉈で戦っていた上、防具のせいでスキルまで下がっているガイラ。

 実際、レッドとの撮影時の戦闘でも、負け率の方が高かったですね……

 

「やめろ、看守に見つかったらひどい目に遭わされる。私はここを出ないぞ」
  >出たがらないタックス

 檻から出ようとしないタックス。

 ここから先の話はみっちりと動画本編で語っているので、程々で流して行こうかと。

 


「未來視?」「まさかのジョンタイター?」
「塔に収監されたら時が戻ってやり直せましたが、何回繰り返しても人類が滅びます」

  >未来から来た、と爆弾発言をするタックス

 ここの詳細は番外編にて。

 大体、プレイヤーに近いKenshi知識を有している、という認識でOKです。

 

 

「おお!これぞくっときた!」
「本物の破壊者の登場を待つ」

  >ハブスタート風の画面

 具体的には、シーズン1のクロコ。

 彼女なら世界を変えてくれると信じているが、そうでなくてもどこかの誰かがいずれ……とは考えている。

 

 


「未来から来たとか未来の知識があるとかいう奴全員が例外なく発症する病、歴史を変えてはいけない病」
「未所属がNew Gameする度に、未来なんてのはいくらでも変わるんだよなあ」
「人類救済計画をしたとしても、次の周回が来るかもね」

  >タイムバラドックスに陥りどん詰まりのタックス

 何もしなくても新たな未所属が世界を救うのでは?

 でも、私が関わったから世界の滅びは加速しているのでは?

 とか、堂々巡りでノイローゼ気味になっているのですが、彼はラーを諦めさせるために言葉を選んでいます。

 


「やだこの子、ヤンで・・・」
  >知ったことか、お前をさらう!

 ラー、キレる。と言うか、吹っ切れる。

 理解の範疇外まで話が飛躍した事もあり、ここでラーの中の何かが切り替わってます。

 


「ん・・・、キャットって女の子とデートしようとして貴族扱いされて囚われる・・・」
  >檻から出ようとするタックス

 このままだとバニラと食い違ってしまう展開……

 番外編で触れているように、キャットの語るデートの約束と言うのは、若き日に交わした、叶わなかったカナとの約束。

 カナの方も、美しい思い出として自我が崩壊した後も反芻しています。(45話)

 


「誰?」
  チャブスの奇襲

 あー、そうか、確かに!
 そんなに出番無かったから、なぁ……

 


「奴隷狩りの娘がその役回りだと思ってたんだけどなあ」
  >一般人の一刺し

 耐性も無いのに旧式の危険なラムを飲み、ブレイクを発動したまま潜んで機会を伺い、加速と怪力で救出の瞬間を狙う。
 ラー、タックス、諸共に心臓を貫かれ、致命傷。

 ヤヨイの入れ知恵。

 

「こやーん(幻聴)」
「グルグル巻きに縛っておきたい、このケース」
  >鉄狐乱入 逆襲のヤヨイパート

 実は、塔に着いた時点のシーンで、よーーーーく見ると棺も置いてあるし、隠れてるコヤンズも見え……いや、こっちは見えないかも……

 

 

「まさか、ここまで来て巻き戻り!?」
「こんな状況になっても、はい終わりとはならないと信じられるのは因果なものだな」
  >全滅エンド一直線の空気

 タイムループネタと、死からの復活アリの世界観。

 見ててもこれで終わりか、とはきっとならないはず……

 


「でも、エスフェル、右足が!!」
「しかしこの一瞬の応急処置が生死を分ける」

  >僅かな時間、ラーの止血作業を行うエスフェル

 タックスと合わせるため、左腕を欠損していますが……

 撮影時にどっちの腕がもげたかまでは把握してなかたったりして……

 

 

「まあずっと木製バックパックなんて背負ってるしなあ」
  >土壇場の戦いで背負ったままのジュエル
 撮影時に同じ事を思ったのだけれども、「中和剤を奪われたくないかも」「ジュエルと言えばコレ背負った姿だしな」と、ふんわりした理由で降ろさなかった場面。
 降ろした方が自然だよね。
 絶対勝てないと分かっている状況のヤケクソ感と考えるのもアリか……

 

 

「カイネンがマジで何したいのか分からん。戦局泥沼化させてるだけじゃんアイツ」
 カイネンが解放しなければこんな事には……

 ある意味ハッピーエンドブレイカーとなったカイネン。

 その辺りの理由は、次の出番にて。

 

 

 

「反撃の熱いBGMすこすこ」
  >反撃開始のタイミングで流れるイース2オープニング曲

 ゴウンゴウンと響く鳴動から、塔発動の辺りまでの電子音は、イース2OPのオリジナル音源(を収録したCD)からそのまま使用。

 「塔が発動する」と言ったら、もうこの曲しかあり得ない!
 ファルコム曲を導入し始めた時点で、ここで使う事を決めていました。

 効果音の後の楽曲スタートからはアレンジバージョンの方になっています。

 

 

「目に光がw」「おお、燃えてる」

  >エンドロゴの右下の猫顔

 結構色んな回で地味に変わってたりします。

 確か、かなり後半になってから表情をキリッとした状態で固定したような。

 あと、タイトルロゴの色がちょくちょく変わってるのはお気付きかもしれませんが、この色はラーの精神状態を示しています。

 (例:タックス生存の可能性を信じたため、4話から文字色が明るくなる)

 シリーズ開始初期に「地味すぎるな」と思ったため、ちょっとした仕掛けを施した部分です。

 

 


 


<63話>

シリーズ開始当初に考えていた「二つの結末」のうち一つ。

ここから、本シリーズの核心に入る。

 

「そう来るかぁ」「紫」
>赤と青の血の調和により、ラー復活
 倒れたタックスのナノマシンがラーの体内に自発的に入り、塔の覚醒によって超回復を発動。
 塔の覚醒は、血……ナノマシン内に眠る「9つの鍵の半数以上の承認」による。

 

 

「これは、最強の戦士、ビープか!?」
>バース登場(ニコニコのみ)
 犬(観測者)に話を持ちかけられたバース、ラーのために次元ポータルを起動する事に同意。
 自らの願いを放棄し、ラーのために使う事を決断。

 バース=ビープの過去展開も考えはしましたが、明確なモチーフが他にいるので採択しませんでした。

 

 

酔拳とは象形拳の1つ。実は酔わなくても強いのだ!」
「相変わらず魅せるなぁ」
>酒無しでオーバーブレイクを発動するラー
 上位技オーバーブレイクで、MOD「血の記憶」の赤い袴の姿に変身。
 万全の状態なら全身血液合金製の赤い装備に変身できてたかも。



「この声!?」
「成る程そりゃあ最近ずっと出て来ないなあと思う訳だ」

>リドリィ、正体を明かす
 スプリングでドクターがこっそり整形していて、レッドとリドリィは外見を入れ替えていた。
 二人の声はどちらも弦巻マキだった、と。

 


「(´・ω・`) ようこそ、バーボンハウスへ。このテキーラはサービスだっ! (`・ω・´) 受け取れぇっ!!」
「キャーレッドサーン‼︎!」「酔剣」

>奥義ブレイクアウト・ブレイクインで反撃開始するレッド
 ここでレッドが出した血液合金刀は刀5本に脇差し1本の計6本。
 まず最初に脇差し+刀2本を体内に戻し、ここまで維持していた整形を解除。
 この後、ラーとタックスの回復に2本使用。
 床に突き立てられていた刀は一本だけになっている。
 つまり、回復薬代わりの刀はまだ一本保持している。

 ……バーボンハウスネタは年がバレるぞ!!

 

 

「ところで歌ってるのは誰? シンクライド?」
>使用楽曲:Supernova (ニコニコ版のみ)

 マジレスすると、「仮面ライダーキバ」(吸血鬼ネタのライダー)のために結成されたユニット、TETRA-FANGの曲で、番組中の山場~エンディングで流れる挿入歌。

 1番がラーの心情、2番~サビはレッドとタックスの心情を想定したものになっています。

 歌詞と動画内容も軽くリンクした感じになっています。


不知火幻庵、お見事」
>クケケケケケーッ!!

 大きな爪を装備した小兵…… た、確かに!
 ここら辺、ヤヨイの人格に問題が発生しています。

 


「懲らしめておやりなさい」
>タックス、ラー、レッド、揃い踏み

 二人から装備を受け取り、自らも戦いに加わるタックス。
 レッドからカッコイイ武器を受け取りつつ、脇差しで戦ってるタックスがツッコミポイント。
 「返してもらうよ」と言ってチャブスの荷物から兜を装備する予定でしたが、曲の尺にあわせる都合で、割愛。

 


「インチキめいた逃走だけど、こちらもインチキめいてるから文句は言えないなあ」
>塔から転落する事で脱出するヤヨイ
 ダメージも酷く、人格のブレも発生。
 再起動に成功したコヤンズに抱えられて逃走……と言う流れだが、ここでも尺の都合でカットした台本有り。
 この世界では次元ポータルが開いていなかったため、人格の無い人形だった異世界のスケルトン、コヤンズ。
 ここで次元ポータルが一時的に開いた事で人格が戻り、「初対面」のヤヨイという異物がいきなり通信で命令して来た事に対し、「誰?」「こわ……」とNG登録され、通信ネットワークが使えなくなる、というシーンも予定していました。
 通信出来ない!と言ってる辺りに、その名残りがあります。



「終わっちゃうの?」「穏やかに終わっていくのね…」
「省略もやむなしなのかなぁ…ラーが主人公だもんなぁ…」
「・・・このループの結末?」
「これで、kenshiの世界になるわけか…未所属が生まれるか」

>反乱失敗(正史)ルートのエンディングへ
 浮浪忍者はギルドに付き、帝国本部との連携も出来ず、敗北。
 しかしレッドハイブ計画だけは阻止成功、という、正史世界につながるエンド。

 「二人目のロンゲン」は、ヘング貴族のヨシナガがロンゲンにそっくりな容姿をしていた事から思いついた、影武者orクローン。
 偽物の方では64話で語った「支配システム」が使えない。



闇金エルスに何が起こったら原作の腑抜けになるのか気になって夜しか眠れない」
「エリスは最強だってママが言ってたんだ・・・」
「その結果ラム嫌いがラム泥棒になるのは因果を通り越して不憫だな」
「そうやってキャラクター性の整合性を取っていくのか」

>エリス最後の戦い

 彼が命を燃やすとしたら、ラムズの起こしたフラフラガーの惨劇の罪滅ぼしのためだろうな、と……
 ラム泥棒になったのは、記憶を失った後も「ヤバイ酒が流通していないか調べなければ」という使命感が残っていたため、と考えていました。
 この辺りは、シーズン3での活躍も踏まえています。

 

「原作の反乱農民が全方位に喧嘩売るのもむべなるかな」

>乏しい戦力で孤立し、敗北する反乱軍

 結局帝国崩壊プレイの時でも、プレイヤー以外の勢力とは仲良く出来ない事がほとんどという点から、こういう流れに……
 カニバル編でカニバルハンターとの約束を守れなかったのも、その辺りの下地作りの一環でした。

 

「レッドとエリス、ルディンをがちがちに鍛えて冒険してみたくなるなぁ」
「ミラージュはMOD使わないと仲間にならないよなぁ…」

「ん?ヘッドショット居たっけ」
「使われなかっただけで、解放軍のメンバーにいたのでは?」

>揃ってバニラ状態に落ち着いていく参戦キャラ達

 ミラージュ自身は直接戦ってはいないものの、協力がバレたため失脚。
 バニラで会えるミラージュはあんほげ世界のミラージュではない、みたいな想定だったりします。
 (それなら性別が違っても整合性が取れる) 

 ヘッドショットは、プレイ日記の方でも触れましたが、シンクライドがシェク領から連れてきた仲間のうち一人で、彼と共に解放軍側に加わったものの、敗北前に一人だけ裏切ったという流れになります。


ちなみに、使用楽曲「Destiny -太陽の花- 」は、アニメ・ブラックジャックのED。

歌っているのは島谷ひとみさんで、ニコニコ許諾楽曲です。

 

 

 

「そうだよねえ、まだ消化してない伏線あるもんねぇ」
「肉王?」

>ヤブタvsカナパート

 9の9、ナインズ、9が二つで、ニク。赤の一族の王子様。

 そんな感じ。
 ヤブタやスカリーが一体何者なのかは、この先のお話で……

 

 

「いかつくなったな、トゥルブレ」

「アイツがそんなおいしいポジションに収まるとは、このリハクの目をもってしても(ry」

>クロトと二人で旅立つトゥルブレ

 これがやりたかった……!

 悲しい最期を迎えたトゥルブレの、ハッピーエンドを!
 装備しているのはシーズン3世界でハイブ傭兵が着ていた「不幸の鎧」。

 

 

「居るはずなのに、表に出て来ることが無くなった」

>表舞台から去るヤヨイ

 スワンプのシーンで一人ひっそりとラーの成れの果てを見届けたヤヨイは、決闘を挑む事なく去り、表に出てくる事のない最強の忍という、バニラのポジションに落ち着きました。

 

 

「ハッシュかぁ」

「ドレーニングで育ててからMODで仲間にしてたw(ごめんなさい)」

>ラーの正体

 ハッシュの死で後援者がいなくなったため、バニラのシェードのような微妙な立ち位置に……
 ちょくちょく意識してセリフに混ぜ込んでいた「クズ」「忍者のクズ」というワードは、シェードの手配書の文面から。

 

 

「うわぁ…ダストキングの塔に戻っちまうのか」

「そりゃあ正史に向かうのであれば、キャットはそこに居なくちゃあねえ」

「うお!ぞくっとした!!」

>人格崩壊しつつあるタックス、キャットになる

 ハエにチャブスと名付けていたのも、(カナとの)デートの約束の話も、タックスの記憶の名残だった、という理由付け。

 「天使」はキャットを救出した時に口走るセリフより。Kenshiと掛けてもいる。

 

 

「ゲーム中断以外でのロードはしない主義なんだけどなあ」

「またやりたくなっちまったなぁ…」

>ラーの時間遡行 そして別ルートへ

 バースの力を借り、過去……
 同話のルート分岐直前シーンへ。

 

「ここでこの曲を持ってくるとは…」 
「イーじゃん スゲーじゃん」

>Climax Jump(インスト版)

 時間~のなーみをつかーまえて~~♪

 過去へ飛ぶなら、この曲を使わないと! 許諾楽曲だし!

 ……と、インスト版が欲しくてシングルCD買っちゃいました。

 

 

「どっちに転んでも、いい。。。」

「凄いの一言。ただ自分の見落としかラーがレッドの行方不明を→心配や「危険な不確定要素」としてなかったのは不思議な気がする。」

「正史に繋がる流れを只のIFと切り捨てる。納得を全てに優先させて都合の良い未来を掴むため抗う。それが未所属、それでこそ未所属だ」

>そして、新章へ

 ああ、やっとここまで持っていく事が出来た…… という回でした。
 ここまで付き合ってくれて、本当にありがとうございます!

 レッドの件は、ラーは宴会作戦の後でエリスからティンフィストの所で保護されていると聞いていたので、心配するのをやめていました。

 タックスも、ラーも、結局、勝って終わりたくなった。
 戦いたかった。
 彼らもまた、血気盛んな剣士なんだ、と……

 

 

 


 

<番外編>


「英霊の座みたいなもんか?」
>インポート前の待機所である高次元空間
 まさに、「英霊の座のようなものだね」というセリフが当初の台本には存在していましたw

 

 

「恐ろしくメタい理由だった」「世知辛いのじゃーw」
>高くなったアベルーニ
 一月4000円の男、とか言われてましたね……
 現在はノーマルアベルーニが無料で使えますが、YMM経由だと使えない?ので、CoeFontのサイト上でセリフを作ってwav化していました。

 

 

「はー!そんなん気付くかよwww」

>嘘である証拠にニ度瞬きしている(第3話)

 ここは後付けじゃなく、完全に最初からそのつもりだった演出です。

 一応、手掛かりとして大金庫編で少し触れていたりしますが……

 もうちょっと使用回数が多かった方が良かった所ですねぇ……

 

 

「いやあ追いたいが文量がなぁ…いつまでかかる事やら」
>ブログのプレイ日記シリーズ
 まだ結構復旧しなきゃいけない部分も残っていますしねぇ……
 現在、シーズン4・第4期の復旧作業中です。

 

 

「紫色w」
>紫色のボーンドッグが溶けて……
 これのために結月ゆかりを買ったと言っても過言ではない……

 ドリン編のラスト、ボーンドッグ役で起用した際、調整の仕方もよく分かっていなくて無感情なボイスになったため、そこから(実はスケルトンである)クモ役に起用、という流れでした。

 

 

「これ、もしや超大作どころではないのでは…?」
「まさかこれほどとは、おつ」

You Tube版とニコニコ動画版は別ルートだったという種明かし
 そう言って頂けると、報われます……!
 表向きは楽曲の挿し替えとか微妙な差異がある事を知らせつつ、こっそりと小さな違いを仕込み続けていました。
 You Tubeの方では、63の時点で明かされてたりします。

 

 

 

 

 


 

<64話>


「元々そういう作風とはいえクッソメタくて草」
「かくして破戒の申し子「未所属」は現れる」

>人類救済計画の正体

 ゲーム内世界の理屈で言うなら、元々惑星降下・占領のための遺伝子強化兵だったKenshi人に仕込まれていた「命令に従う機能」を壊す、という形になります。

 メタ的には雇用可能・プレイアブルなキャラクターの発生、という形。
 シーズン3の「ステイヤー」発生の件も少し意識しています。

 


「このアングル、片目だけ見えるのいいな」
 かっこつけたい時に便利なんで、多用してます!

 

「バスは1日1度くる」

 ハァーテレビもねぇ!ラジオもねぇ!

 

「なんてこった、そういうことかよ」

 ごめんね…… まだしばらく終わらないから……!

 


「ん? まだ出番あったのか、このコンビ」
リリアン&ウィスラー再登場
 そして、またフェードアウト……

 


「ムカイか?」

>マウンテンこと、山のムカイ参戦

 ちょっといい装備をしてますが、赤バンダナに名残りが見える、ムカイ・マウンテンさんです。
 演じているのはカンさん。

 


ラーメン三銃士?」
「なんだこの咬ませ臭は!」
「4人おるやんけw」
>征南三剣士こと、リオン隊登場
 もちろん三銃士ネタです、はい。
 リオンはエリートハンターなので特定個人ではありませんが、全員元ネタ有りです。
 名前のネタに関しては、果たして気付く人がいるだろうか……

 You Tubeの方ではAviUtl変換の際フォントが英字のみ反映され、「征南討滅将軍」とかのかっこつけた肩書きが出ていません。
 全員名前を漢字にしようかとも思いましたが……(摩雲天、剛人、鳥将、裏音)
 印象がより不真面目になるか、と、中止に。


「廃墟に落ちている武器を売るのは初期の有効な金策
>ダストの墓標
 カタン製の武器売り飛ばしたらしばらく安泰ですしね……
 ダスト盗賊達は死んだ幹部に敬意払ったりはしないだろうし……

 

 

 

 


 

<65話>

 

「スクインの南かな」
>仲間のアテがあると言うシンクライド
 うち二人は、63でチラ見せしているオロンとヘッドショット。
 2~3人、という事は……

 


「バグマス10万が破格と考えれば最高級かな」
>タックスの懸賞金、5万
 まさに、そんな感じで懸賞金額を設定してました。
 ルディンが貴族複数人殺してる割にそこまで高くないのし、ロンゲンの都合があったりもします。

 (対ティンフィストやバグマスのように、ギルドの息の掛かっていない有象無象に参戦されては困る)

 


「とんでもない悪党だ (((( ;゚Д゚)))ガクガク」
>エリスの懸賞金額
 バニラのでの謎の全世界懸賞金に合わせました。
 逮捕もされずに兵舎で暮らしている辺りも謎なんだよなぁ……

 


「流石にあのチーム名呼びは抵抗あったかw」
>黒猫さんチーム改め、黒猫党
 このチームにもシリアスな空気が欲しいですしね!

 

 

「おそろしく速い野菜料理、オレでなきゃ見逃しちゃうね」
「さっき野菜は摂ったからね」

>マウンテンの食事
 たまたま録画時に入った食事表記ネタ、拾ってもらえて嬉しい!

 

 

「(なお、撮影のために飢えさせておいたのは貴族たち)」

>スシ・トーチャーを行うノーブルハンター達

 流石、熟練の動画作成経験者(多分)はよく分かってらっしゃる!w

 

「見目嗅鼻」

>トリスケの目とゴウトの鼻で追跡

 この言い回しは知らなかった……

 見目嗅鼻(みるめかぐはな)とは? 意味や使い方 - コトバンク

 犬夜叉の人頭杖はここから来てたのかー!

 

 

「でっかい手枷に見えるw」

>エリス、レリックウェポンを装備

 OP動画3と敗北ルートEDで登場していた鉄拳、ここで登場。

 見た目はゴツいけど、FOXさんのアクセサリー装備は一律で微強化に留まる性能。
 そんなに切り札感は無かったりします。
 いや、ベルトスロットのスキル補正というだけでも充分強いですが!

 

 

「空気抵抗の大きそうな攻撃・・・」

>MODの盾装備(鉈)を使用するゴウト

 ゴウト(グリーンフィンガー)のスキル不足もあり、もったりしたスイングになっていますね……

 現在、リオン隊は撮影旅行に随時同行させていますが、なかなか育ったメインキャラと同等レベルには中々!

 

 

「\バルス!/」

>トリスケ、謎の頭痛

 まあ、その、ただ視力がいいだけじゃないよね、と……

 

 

「初心者じゃなかった >🦕🦕🦕」

>踵を返すガッター達

 水辺を利用してなんとか怒涛の追跡を振り切ったのは、撮影に出向いていたレイ君。

 陸地じゃ上手いことクルッと興味を失くすシーンが撮れませんでした……

 

 

「彼が関与している?」

「空気が滲んでいる・・・?」

 この辺りの伏線回収も、早く終わらせたいなぁ……

 多分、かなり掛かると思います……

 

「敵方チームが仲良い展開好き」

>情に厚い? リオン隊
 終盤、ラー達の敵となる駒が足りないな、と急遽登場させた四人組。

 早く覚えて頂こうと、ちょっと手厚めの台本となりました。

 

 

「いや、ガットは静寂には程遠い・・・」

>ガットの主、ノーフェイス登場
 彼にとっては、ビークシングに囲まれた暮らしこそ、平穏で、静寂なのかも……

 

 

 


 

最大の山場を越え、後は最終章を残すのみ。

迫る投稿上限。

果たして残り9話で完結可能なのか?!

 

い、いざとなったら、初期のダイチャレ動画消すかなぁ……

ようつべにもUPしてあるしなぁ……

 

メモリ交換後の不調からも立ち直りつつあり、編集効率はパワーアップ。

このまま走り続ける予定ですので…… 今後ともヨロシク! です!